管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

ブログ移転しました

Hitomi_win

ブログをお引っ越ししました!!

ちょこちょこと予告していました通り、ブログを移転しました。移転先は、一番お引っ越しがしやすかったLIVE DOORブログです。引っ越しは二回目ですねぇ。引っ越し先のURLは、こちらになります。名前は、適当につけました。(苦笑)

藍麦のブログ新館

1月末までは、並行運用期間ということで、両方更新しますが、それ以降は完全移転ということになります。なので、コメントやトラックバックは、新しいブログにお願いいたします。引っ越し済みの記事は、再複写しませんので。

ここのブログは、3月末までは残るようなので、それまでは消したりしないつもりです。引っ越ししたブログの中のLINKが上手く変換されていなく、一部eoblogを指しているためです。

ということで、新しいブログでもご贔屓ご鞭撻のほどを、よろしくお願いいたします。

2017年1月23日 (月)

リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」

Lwa01

リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」です。

ちょこちょこと予告していました通り、ブログを移転しました。移転先は、一番お引っ越しがしやすかったLIVEDOORブログです。引っ越し先のURLは、こちらになります。

藍麦のブログ新館

こちらは、念のための複写データです。

この『リトルウィッチアカデミア』はどうやら2013年に劇場公開された短編アニメのリメイクらしいです。原作・製作がTRIGGERの吉成 曜さんです。TRIGGERですから、まぁどうしてもアニメの動きなどを期待してしまうのですが、この2013年に公開されたアニメは「アニメミライ」での公開で、なかなか良かったようです。

このアニメを感想で選んだ理由は、たまたまテレビでアニメ放送を見たからなんですね。見た途端、アニメの動きから面白そうということで、ついつい見込んでしまいました。まぁ、TRIGGERらしいと言えばそうですけれど。

噂では2クールということのようですが、最後まで見れるかどうかが気になるということで、最近は2クール作品の感想を避けていたのですが、これは書いてみたいと思います。

先週の第二話では、カガリ・アツコちゃんが魔法学校で勉強をはじめました。そしてアツコちゃんだけでなく、もう一人アーシュラ先生についてスポットをあてたような内容になっていました。

内容的には、第一話を引き継いだ形で、アツコちゃんがピンチに陥ったときにシャイニィロッドが発動しました。それが彼女の能力なのか、それともロッドの力なのかなどまだ分かりませんが。

では、リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月22日 (日)

Rewrite 第15話「静かな海の蜜の月」

Rw01

Rewrite 2nd シーズン Moon編/Terra編 第15話「静かな海の蜜の月です。

ちょこちょこと予告していました通り、ブログを移転しました。移転先は、一番お引っ越しがしやすかったLIVE DOORブログです。引っ越し先のURLは、こちらになります。

藍麦のブログ新館

こちらは、念のための複写データです。

夏アニメの中でうちのブログでアクセストップだった『Rewrite』です。 Keyの作品なのでゲームが、ベースにあって、ゲームのファンも多いということでしょう。Keyのゲームとアニメの親和性は高そうですし。ということで、二期も一応感想を書こうかと。

ということで、『Rewrite』は、Keyのゲームが原作です。ゲームは疎いので良く知らないのですが、リメイク版のゲームも出るみたいですね。ゲーム脚本も、田中ロミオさん、竜騎士07さんということで、有名どころの外部脚本のようですね。

1stシーズンでは、篝ちゃん以外は全滅という最終回でした。篝ちゃんは審判者らしいということらしいのですが、それでも繰り返しの理由にはならないので、並行世界的なのでしょうか。

ただ、いただいた情報ですと、この1stシーズンは、全体のプロローグらしいので、二期でこれらを伏線として、物語りを銅賞かするのかがポイントになってくるのでしょうか。

先週の2ndシーズン第一話といいますか、第14話は、実はまぁよく分からないのですが、1stシーズン後、瑚太朗が世界を分岐して繰り返し探りながら生きて来た様子が積み重なった記憶として描かれました。そして、その後篝ちゃんと出会い、その関係を修復していくのですが、ハッキリ言ってゲーム未経験者には難しいです。

ということで、Rewrite 第十五話 「静かな海の蜜の月」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月21日 (土)

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第三話

Rs01

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第三話です。

『昭和元禄落語心中』は、原作も読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと思って、当初は見ないつもりでした。ところが一期の第一話がかなり面白かったので、そのままずるずると感想も書いていました。

一期の感想は、このあたり

ということで、個人的にはこの冬の本命です。第二話も面白かったです。

一期の内容は過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語が中心でした。ここまでのお話というか、二期の始まりの前提を公式から引用しますとこういう感じですか。

「刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となり、芸を磨いた与太郎はついに真打へと昇進する。」

ということで、先週の第二話は、助六のスキャンダルからお話しが始まりました。スキャンダルは、確かに助六を窮地に追い込むのですが、助六がもっと悩んでいたのは、どうやら自分の落語を見つけられないことのようです。

助六は、自分の落語を見つけようともがき、それを樋口先生がサポートしているのか否かですが、まだよく分からないですね。

ということで、昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第3話感想行きます。

続きを読む »

うらら迷路帖 三占「仲間と友達、時々ライバル」

Um01

うらら路帖 三占「仲間と友達、時々ライバル」です。

「うらら迷路帖」も三週目です。冬アニメは評判がいいものも多いようで、苦戦が考えられますが、今のところは程々いけている感じです。

このアニメの感想を書こうと思った理由は、原作漫画を元々読んでいたからです。ただ、そんなに熱心な読者ではなくって、あまり内容は覚えていないですね。

その原作ですが、四コマ漫画で、主人公たち4人の新人占い少女が、ドタバタしながらも成長し、しっかりとした占い師になっていくという感じでしょうか。原作ではドタバタだけでなく、ちょっとした暗いお話やほろっと来るお話などを交えて進んでいくのですが、アニメではどうなるんでしょうね。

先週は、第二週目ということですが、まぁ元が四コママンガなので特に大きな変化もなかったのですが、その世界観を第一週目に引き続いて説明していました。というか、どちからというと一週目がキャラクタの説明、二週目が世界観の説明という感じだったかも。

ということで、新番組 うらら迷路帖 第三話「仲間と友達、時々ライバル」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月19日 (木)

小林さんちのメイドラゴン 第2話「第二のドラゴン、カンナ! (ネタバレ全開ですね)」

Kmd01

小林さんちのメイドラゴン 第2話「第二のドラゴン、カンナ! (ネタバレ全開ですね)」です。

『小林さんちのメイドラゴン』第二話です。このアニメを選択した理由は単純で、京都アニメーションだからですね。

つらつらと考えると、なんとなくですが、京都アニメーションだと結構感想を書いている気がしますです。あ、「日常」とか書いてないか。あとは、曜日が一番書きやすい水曜日放映だったことですか。楽に見て楽に書けそうなアニメだからですね。雰囲気的には、ギャグアニメらしいですし。

先週の第一話は、酔った勢いでドラゴンを助けた小林さんが、その恩返しにやってきたドラゴンであるトールを自宅に住まわせるようになったことが描かれました。基本は日常を描くコメディっぽいですね。

作画も京アニらしく良かった感じで楽しめそうです。

ということで、小林さんちのメイドラゴン 第二話「第二のドラゴン、カンナ! (ネタバレ全開ですね)」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月16日 (月)

リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」

Lwa02

リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」です。

この『リトルウィッチアカデミア』はどうやら2013年に劇場公開された短編アニメのリメイクらしいです。原作・製作がTRIGGERの吉成 曜さんです。TRIGGERですから、まぁどうしてもアニメの動きなどを期待してしまうのですが、この2013年に公開されたアニメは「アニメミライ」での公開で、なかなか良かったようです。

このアニメを感想で選んだ理由は、たまたまテレビでアニメ放送を見たからなんですね。見た途端、アニメの動きから面白そうということで、ついつい見込んでしまいました。まぁ、TRIGGERらしいと言えばそうですけれど。

噂では2クールということのようですが、最後まで見れるかどうかが気になるということで、最近は2クール作品の感想を避けていたのですが、これは書いてみたいと思います。

先週の第一話では、魔法が使えるという世界観の説明と、主人公であるカガリ・アツコちゃんの背景、魔法学校入学ですね、そして、彼女がくシャイニィロッドを見つけてその杖を使って魔法を使うというところまでが語られました。なかなか面白かっです。

では、リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月15日 (日)

東京女子流*TOKYO GIRLS' STYLE × GIRLS BAND ~赤坂屋内音楽堂~

Img_1194

東京女子流*TOKYO GIRLS' STYLE × GIRLS BAND ~赤坂屋内音楽堂~

ちょっと連絡事項。このブログはeoblogというeonetのサービスを使っていますが、そのブログサービスが終了するためこのブログも移転することになります。恐らくデータの相性からlivedoorになると思います。現在お試し移行中です。

2017年の東京女子流ライブはじめは、1/14の赤坂BLITZでのライブでした。久しぶりにバンドを入れてやるということで、界隈では盛り上がっていましたし、チケットは見事SOLD OUTでした。

今回の赤坂BLITZでのライブは、「赤坂屋内音楽堂」というライブタイトルです。これは、想像するに、最後にハンドでライブをやったのが2014年の日比谷野外音楽堂だったことからかなと思うのですが、赤鰤さん的には問題なかったんですかね。(苦笑)ただ、あのときのライブは、東京女子流のベストライブという呼び声も高いので、是非再現して欲しいですよね。

と今回は当日に感想書いてしまおうと思ったのですが、なぜかネットワーク障害にあたってしまって遅れました。復旧して良かった。

さて、いつもながらに当日良くしていただいたアスタライトの方々、ありがとうございました。だんだんと輪が広まっていますねぇ。楽しかったです。

続きを読む »

Rewrite 第14話「三杯のコーヒー」

Rw01

Rewrite 2nd シーズン Moon編/Terra編 第14話「三杯のコーヒーです。

夏アニメの中でうちのブログでアクセストップだった『Rewrite』です。 Keyの作品なのでゲームが、ベースにあって、ゲームのファンも多いということでしょう。Keyのゲームとアニメの親和性は高そうですし。ということで、二期も一応感想を書こうかと。

ということで、『Rewrite』は、Keyのゲームが原作です。ゲームは疎いので良く知らないのですが、リメイク版のゲームも出るみたいですね。ゲーム脚本も、田中ロミオさん、竜騎士07さんということで、有名どころの外部脚本のようですね。

1stシーズンでは、篝ちゃん以外は全滅という最終回でした。篝ちゃんは審判者らしいということらしいのですが、それでも繰り返しの理由にはならないので、並行世界的なのでしょうか。

ただ、いただいた情報ですと、この1stシーズンは、全体のプロローグらしいので、二期でこれらを伏線として、物語りを銅賞かするのかがポイントになってくるのでしょうか。

というか、一週間他のアニメより放映開始が遅かったので、すっかりと見るのを忘れていました。ひとまず、取り急ぎ感想を書いておきます。

ということで、Rewrite 第十四話 「三杯のコーヒー」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月14日 (土)

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第二話

Sgr02

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第二話です。

『昭和元禄落語心中』は、原作も読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと思って、当初は見ないつもりでした。ところが一期の第一話がかなり面白かったので、そのままずるずると感想も書いていました。

一期の感想は、このあたり

ということで、個人的にはこの冬の本命です。第一話も面白かったです。

一期の内容は過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語が中心でした。ここまでのお話というか、二期の始まりの前提を公式から引用しますとこういう感じですか。

「刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となり、芸を磨いた与太郎はついに真打へと昇進する。」

ということで、先週の第一話は、真打となった与太郎は、三代目助六の名跡を継ぎ、父親がわからない子供を産んだ小夏と結婚することになってというところが描かれました。

なんとなく、幸せな生活という感じですが、そんな助六に売れっ子作家の樋口が近付いてというところでした。

ということで、昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第2話感想行きます。

続きを読む »

2017年1月13日 (金)

うらら迷路帖 二占「探し物と夢、時々甘味」

Um02

うらら路帖 二占「探し物と夢、時々甘味」です。

「うらら迷路帖」は第一週目程々に人気がありました。なかなか楽しい感じで楽しめたのではないでしょうか。

このアニメの感想を書こうと思った理由は、原作漫画を元々読んでいたからです。ただ、そんなに熱心な読者ではなくって、あまり内容は覚えていないですね。アニメに合わせて読み返しをしておきたいところですが、今週は手元にコミックスがないので、別途読み返すことにします。

その原作ですが、四コマ漫画で、主人公たち4人の新人占い少女が、ドタバタしながらも成長し、しっかりとした占い師になっていくという感じでしょうか。原作ではドタバタだけでなく、ちょっとした暗いお話やほろっと来るお話などを交えて進んでいくのですが、アニメではどうなるんでしょうね。

先週は、その世界観といいますか、占いの町・迷路町の設定についてと登場人物の紹介があったような感じです。

ということで、新番組 うらら迷路帖 第二話「探し物と夢、時々甘味」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月12日 (木)

小林さんちのメイドラゴン 第1話「史上最強のメイド、トール! (まあドラゴンですから)」

Kmd01

小林さんちのメイドラゴン 第1話「史上最強のメイド、トール! (まあドラゴンですから)」です。

冬アニメの4本目は、『小林さんちのメイドラゴン』です。この冬は、5本感想を書くつもりですが、もう一つは分割2クールなので、実質的にはラストですか。

まぁ、そんなことはどうでもいいですが、このアニメを選択した理由は単純で、京都アニメーションだからですね。なんとなくですが、京都アニメーションだと感想を書いている気がしますです。あ、「日常」とか書いてないか。

あとは、曜日が一番書きやすい水曜日放映だったことですか。楽に見て楽に書けそうなアニメだからですね。雰囲気的には、ギャグアニメらしいですし。

ということで、小林さんちのメイドラゴン 第一話「史上最強のメイド、トール! (まあドラゴンですから)」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月 9日 (月)

リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」

La01

リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」です。最終回みたいなサブタイトル。

今期アニメ感想第三弾は、『リトルウィッチアカデミア』です。このアニメはどうやら2013年に劇場公開された短編アニメのリメイクらしいです。原作・製作がTRIGGERの吉成 曜さんです。TRIGGERですから、まぁどうしてもアニメの動きなどを期待してしまうのですが、この2013年に公開されたアニメは「アニメミライ」での公開で、なかなか良かったようです。

このアニメを感想で選んだ理由は、たまたまテレビでアニメ放送を見たからなんですね。見た途端、アニメの動きから面白そうということで、ついつい見込んでしまいました。まぁ、TRIGGERらしいと言えばそうですけれど。

噂では2クールということのようですが、最後まで見れるかどうかが気になるということで、最近は2クール作品の感想を避けていたのですが、これは書いてみたいと思います。

では、リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月 7日 (土)

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第一話

Rs01

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第一話です。

『昭和元禄落語心中』は、原作も読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと思って、当初は見ないつもりでした。ところが一期の第一話がかなり面白かったので、そのままずるずると感想も書いていました。

一期の感想は、このあたり

ということで、個人的にはこの冬の本命です。

一期の内容は過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語が中心でした。ここまでのお話というか、二期の始まりの前提を公式から引用しますとこういう感じですか。

「刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となり、芸を磨いた与太郎はついに真打へと昇進する。

継いだ名跡は三代目助六。八雲師匠の為め、小夏の為め、二人の中の助六を変える為め、与太郎が見出す己の落語とは…。」

ということで、昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第1話感想行きます。

続きを読む »

うらら迷路帖 一占「少女と占い、時々おなか」

Um08

うらら路帖 一占「少女と占い、時々おなか」です。

うちのブログの冬アニメ感想第一弾は、『うらら迷路帖』です。本当は、新しいブログに引っ越してから冬アニメを始めたかったんですけれどね。残念ですが、ブログのバグに嵌ってしまって間に合いませんでした。

それはそうと、このアニメの感想を書こうと思った理由は、原作漫画を元々読んでいたからです。ただ、そんなに熱心な読者ではなくって、あまり内容は覚えていないですね。アニメに合わせて読み返しをしておきたいところですが、今週は手元にコミックスがないので、別途読み返すことにします。

その原作ですが、四コマ漫画で、主人公たち4人の新人占い少女が、ドタバタしながらも成長し、しっかりとした占い師になっていくという感じでしょうか。いやそんなところまで進んではいませんけれど。

原作ではドタバタだけでなく、ちょっとした暗いお話やほろっと来るお話などを交えて進んでいくのですが、アニメではどうなるんでしょうね。女の子が可愛い、日常アニメにもできると思うので、その辺りはお手並み拝見ですか。

ということで、新番組 うらら迷路帖 第一話「少女と占い、時々おなか」感想行きます。

続きを読む »

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間