管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

« 輪るピングドラム 15 「世界を救う者」 | メイン | WORKING'!! 4品目「マンホールスパイラル」 »

2011年10月22日 (土)

灼眼のシャナⅢ-Final- 第3話 「旅立つために」

S 灼眼のシャナⅢ-Final- 第3話 「旅立つために」です。

いよいよ始まりました『灼眼のシャナⅢ-Final-』です。うちのブログではやはりシャナが看板なので、アクセスが多いようですが、巷では原作未読者切り捨てって感じに受け取られているようです。

10/8発売の原作最終巻『灼眼のシャナ XXII』読みました。感想も書きましたよ。

最終22巻の感想はここに書きました

確かに、分かりにくいかもしれませんが、それは『Fate/ZERO』なんかも同様かと。あれも、原作か『Fate/StayNight』見ていないと分からないですよ。そういう意味では、そのうち理解が追いついてくるでしょう。3話には、その辺りも期待したいところです。

ということで、灼眼のシャナⅢ-Final- 第3話 「旅立つために」感想行きます。

さて、原作は当然既読です。コミックス版からフルコンプリート。DVDもあります。

あらすじ:(公式から引用) できず

『盟主』“祭礼の蛇”となった坂井 悠二は、御崎市を訪れていた。

かつて平凡な日々をそして『炎髪灼眼の討ち手』シャナと共に闘いの日々を過ごしたこの街を懐かしむように。

一方、佐藤 啓作から、“紅世の徒”が御崎市に向かった気配があったことを聞いた 田中 栄太は、『弔詞の詠み手』 マージョリー・ドーにそのことを伝え、吉田 一美と共にデパート跡地の 宝具『玻璃壇』に向かう。

同時に、“紅世”の気配を感じ取ったシャナと『万条の仕手』 ヴィルヘルミナ・カルメルは、それに立ち向かおうとする。

そして、かつて“愛染自・他”ソラト・ティリエルと、闘った御崎大橋。そこで、シャナと悠二は対峙する。

感想:

う~ん、原作通りといえばその通りなんですが。原作だといよいよって感じで盛り上がって感情移入できるんですが、先週がバタバタと登場人物たちの顔見せだけに終わっただけに、もう少し物語を進めて欲しかった。

せめて、回顧はAパート中心にして、後半からは決戦を始めるぐらいでも良かったんではないかなぁ。確かに、切ないシーンではあるんですけれど。

これが、このFinalが始まる前の事前放送でシャナを見てきた人だと、続きイメージで感情移入できると思うんですけれど、長い間待たされた身としては、早く進めてくれ~が強くなってしまいます。逆にあまり知らない人にとっては、何を回顧しているのか分からないでしょうしね。

1~3話で2話ぐらいが丁度ではないかな。ここでこれをやるなら、第1話がもったいなかった。

まぁ、回顧シーンをやって、ここで御崎大橋のシーンをやっておかないと、OVAの前振りに繋がらないんですよね。OVAの前振りについては、その感想を参照ってことで。OVAに繋がって、やっと次週から『灼眼のシャナⅢ-Final-』が始まるってところですか。OVAまで見てた身としては、長い前振りだった。(汗)

ということで、回想で分からなかった人のために少し解説を。今週の回顧で登場したものを中心に。それ以外はググって頂戴。

ネタバレ的な記述はしません。(つもり)

-----

◆◇“紅世の王・徒”

この世の“歩いて行けない隣”にある別世界からやってきた住民たち。“紅世”は“こちらの世界”とは違う理の世界で、意志と力が支配する。その世界からやってきた住民を“紅世の徒”と呼び、その中でも力の強い存在を“紅世の王”と呼ぶ。

“紅世の徒”は、この世界の人間の“存在の力”を奪うことで放蕩の限りを尽くす。それによる『世界の歪み』の発生を是としない一部の“王”が力を貸すのが、「討ち手」フレイムヘイズである。

・“狩人”フリアグネ

多くの『宝具』を使いこなす、強力な“紅世の王”。白いスーツの美青年。悠二の“存在の力”を奪いトーチにした。劇場版の主役(?)です。マリアンヌの彼氏。

フリアグネの行った自在法『都喰らい』が元で、御崎市のバランスが歪み、その後多くの“紅世の徒”を招き寄せ、また[仮装舞踏会]に『大命』を行う場として選択させる切っ掛けとなる。非常に重要な人物だったってことですね。

・“螺旋の風琴”リャナンシー

トーチの姿を借り“屍拾い”ラミーとして行動する“紅世の徒”。その実態は、自在法を自由に操る“紅世”最高の自在師であり、実際の姿は<禁則事項>

先週の記事で、“屍拾い”ラミーのトーチの中の人が描かれていないなんて書きましたが、良く考えると、一期のラミーの回で言及されていたんでした。

◆◇宝具

“紅世の徒”と人間の両方が望むときに、“存在の力”をあやつることができる人間によって作り出される異能の力を持つ器物。宝具を内在するトーチを“ミステス”と呼ぶ。悠二は『零時迷子』の“ミステス”。

・ 『贄殿遮那』

『炎髪灼眼の討ち手』シャナが持つ大太刀の姿をした宝具。“ミステス”である“天目一個”の核となるものを、“天目一個”を倒すことでシャナが譲り受けた。鞘はない。

・ 『玻璃壇

遥か昔に“祭礼の蛇”によって作られた監視用の宝具。都市の“存在の力”を映し出す巨大な銅鏡。フリアグネによって御崎市に持ち込まれた。原作だと試験に出るほど重要。次週をお楽しみに。

・ 『吸血鬼(ブルートザオガー)』

“愛染自”ソラトが使用していた大剣の形をした宝具。闘う相手が剣交えているときに、間接的にその相手を傷つけることができる。原作では片手剣のはずだが、アニメでは両手持ちに。

シャナが持っていたいたが、二期の最終回後悠二の手に渡ったはず。その他火除けの指輪『アズュール』も悠二に渡ったはず。

・ 『ヒラルダ』

人間に何かの自在法を使わせるための宝具らしい。十字架のペンダント形態。

“彩飄”フィレスの手から吉田 一美に「自分が必要なときに使え。ただし使った者は存在を消失する」と渡される。

・ 『ジェタトゥーラ』

“存在の力”を使用せずとも、トーチを見分けることができる宝具。『儀装の駆り手』カムシン・ネブハーウが吉田 一美に使用させ、悠二がトーチであることに気付く決め手になった。

-----

ということで、次週こそいよいよ本番ですね。悠二が御崎市にやってきた目的とは?

◆ブログ内リンク

原作版「灼眼のシャナ」の感想はこの辺り

アニメ版「灼眼のシャナ」、「灼眼のシャナII」の感想はこの辺り

OVA 「灼眼のシャナS」第IV巻 -オーバーチュア 後編-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第III巻 -オーバーチュア 前編-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第II巻 -ドミサイル-の感想はこの辺り
OVA 「灼眼のシャナS」第I巻 -リシャッフル-の感想はこの辺り
OVA 「恋と温泉の校外学習!」はこの辺り
劇場版「灼眼のシャナ」の感想はこの辺り

http://innamiblog.blog28.fc2.com/blog-entry-293.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-607.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2011/10/iii-03.html
http://shinsakuranikki.blog90.fc2.com/blog-entry-4448.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/27316989

灼眼のシャナⅢ-Final- 第3話 「旅立つために」を参照しているブログ:

» 【灼眼のシャナ?(Final) 第3話 旅立つために 感想】 (ようちゃん×ようちゃん)
今週は回想でしたねー でも単なる回想で終わらず、「今の悠二」で当時を語っているのは、いきなり盟主ってなって現れて戸惑った管理人としては、「悠二」としての今の気持ちが知れてよかったです。 来週は戦闘回なので楽しみ!... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII -FINAL- 第3話「旅立つために」 感想 (日刊アニログ)
自分が何者でもどうなろうと、ただやる 御崎市に接近してきた強大な紅世の徒の気配。 接近してきた紅世の徒の様子を探っていたマージョリー。 彼女が見た気配の主の正体にシャナも驚きを隠すことができず…。 再び巡り逢った二人のこれからの進むべき道はどのようなものになるでしょうか。... [続きを読む]

» 灼眼のシャナ?-Final- 3話 (アニメ徒然草)
ただいま。おかえり。そして、さよなら。 というわけで、 「灼眼のシャナ?-Final-」3話 一時帰宅の巻。 ラストカット、熱いね。燃えるね。 とうとう、同じ高さまで上ってきたのね。 ようやく、悠...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIIIFinal TokyoMX(10/21)#03 (ぬる~くまったりと)
第3話 旅立つために 御崎市に降り立った悠二。旅立つために帰って来た。 佐藤から [続きを読む]

» 灼眼のシャナ?-FINAL- 第3話 旅立つために (窓から見える水平線)
シャナ3期 第3話。 始まりの場所へと戻ってきた悠二は何を想う―――。 以下感想 [続きを読む]

» 灼眼のシャナ?第3話「旅立つために」の感想 (To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記))
 しかし悠二はいまさらになってなんで御崎市に戻ってきたんだろう?あのクリスマス・イヴの夜、シャナ達の前から姿を消して、バルマスケの盟主"祭礼の蛇"と一つになった彼が。新たな紅世の徒が御崎市にやってきて、しかもそれが悠二だとわかったシャナは一体どんな反応を見せるんだろう?ってゆうか、今回ほとんど回想シーンだったし…... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII-Final- 第3話 「旅立つために」 感想 (ひえんきゃく)
回想シーン、多すぎ! まるで総集編ですよ。 彼は“坂井悠二”であって、そうでないものだった。 彼が降り立った地は、自身が生まれ育ち、仲間がいる御崎市。 “坂井悠二”は、みずからの記憶を確認す...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII #3 (桜詩〜SAKURAUTA〜)
【旅立つために】 灼眼のシャナIII−FINAL− 第I巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]出演:釘宮理恵ジェネオン・ユニバーサル(2011-12-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 回想が懐かし過ぎる(´Д ... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII 第03話 (まぐ風呂)
関連リンクhttp://www.shakugan.com/第3話 旅立つために御崎市へやってきた悠二果たしてどうなる!?徒としてやってきた悠二一方佐藤からの連絡で田中は徒が御崎市へやってきていることをマージョリーに伝えてくれと頼まれる一方、マージョリーやシャナ達も気配でそれ...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII-FINAL- 第3話「旅立つために」 (MAGI☆の日記)
灼眼のシャナIII-FINAL-の第3話を見ました 第3話 旅立つために ――帰ってきた。旅立つために帰ってきたよ 悠二は御崎市へと電車で帰ってくると、逆に電車に乗って御崎市の外の東京の外界宿へと出か...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナ〓-FINAL- #03 「旅立つために」 (戯れ言ちゃんねる)
ありき日の追憶と再会の時  どうも、管理人です。これから仕事行かなきゃならんのに、雨とかついてないです…。今日どうやって職場まで行くかねorz シャナ:「……悠二!」  今回の話は、悠二の御崎市帰還の話。半分近くが回想話って、ぶっちゃけどうなのさww  徒(=悠二)の気配が去った後、佐藤はさっそく田中に連絡を取ります。田中と言えば、2期のフィレス戦をきっかけに戦線離脱を表明してるはずですけど、この手の事態が起こった時には真っ先に巻き込まれるタイプですよねwサブラク戦..... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII 第03話 『旅立つために』 (こいさんの放送中アニメの感想)
回想要らない。まさか第三話にして総集編とは思わなかった。帰ってきた悠二、いよいよシャナと敵味方として激突!!・・・しませんでした。 戻ってきた悠二が回想始めちゃいます。それこそ自分が死んでトーチに成った第一期第一話からです。第三期にもなってご新規の人が見てる訳無いでしょう。これで未見の人も安心とか思ったのなら的外れも良い所。もし仮にやるなら第一話でやれと。 流石に肩透かし。悠二とシャナの再会&対決という胸踊らせる展開を誰もが期待していたと思うんです。期待が大きかっただけに、回想してお終... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII -FINAL- 第3話 「旅立つために」 (リリカルマジカルSS)
「遠かった…でも、ここまで来た。ここまで来たんだよ……シャナ」 「悠二…」 ついに再会したシャナと悠二。 果たして二人は・・・ ってここで終わるのか(^^; 悔しいけど、次がすぐにでも見たくなる終わり方でしたw ... [続きを読む]

» 灼眼のシャナ III(Final)第3話 「旅立つために」 (SERA@らくblog)
総集編には早過ぎますw 帰って来た悠二が これまでのことを振り返るってお話。 1期からもう時間も経ってるので 復習にはいいかもね(苦笑) ▼ 灼眼のシャナ III(Final)第3話 「旅立つために」  佐藤は 徒(悠二)が御崎市に入ったことを田中に警告。 田中は戦いから逃げてもダメなとかと覚悟し マージョリーに連絡、そして再び玻璃壇へ。... [続きを読む]

» 灼眼のシャナ?(Final) その3 (燃え萌えアニメブログ)
御崎市へ帰ってきた、坂井悠二。 というより、本来ここにいるはずなんだけどね(^_^;) それよりも、佐藤くんのほうは、周囲から見ればかなり痛い子、だったことだろうw マージョリーさんも、狂った柱...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII -FINAL- 第3話 旅立つために (ゲーム漬け)
御崎市に帰還する悠二。 その気配の大きさから紅世の王と判断するフレイムヘイズ達。 ですが、確認に向かったマージョリーからの報は、シャナに衝撃を与える事になります。 一方 ... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII  第3話 旅立つために総集編!? (めもり〜る〜む)
■第3話 旅立つために 悠二が何故か電車で御崎市に帰って来ました。 佐藤とすれ違う事はシリアスな笑かと思いましたが、佐藤が連絡する事で田中を戦線復帰させる意図もあったのですね。ですがそ...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII -Final- 第03話 感想 (荒野の出来事)
 灼眼のシャナ? -Final-  第03話 『旅立つために』 感想  次のページへ [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII(Final) 第3話 旅立つために レビュー  (ゴマーズ GOMARZ)
電車から御崎市に降り立つ坂井悠二 駅のホームの窓から見える御崎市を見て呟く… 帰ってきた… 旅立つために 帰ってきたよ  (゚Д゚)帰って来ちゃったよ!  しかも、紅世の徒なんだよね? 祭礼の蛇…ってことは啓作が 付箋で気付いたりしたように、フレイムヘイズ達が気付かないわけがない 一方電車ですれ違った啓作は、紅世の徒が御崎市へ向かった事に 焦り、田中に電話を入れていた。緊急なんで、電車の中で大声で 携帯で話す事は…勘弁という感じかねw 周囲の目が痛いけど、 啓作はそれどころじゃない。田中的... [続きを読む]

» 灼眼のシャナ III(Final)第3話 「旅立つために」 (SERA@らくblog)
総集編には早過ぎますw 帰って来た悠二が これまでのことを振り返るってお話。 1期からもう時間も経ってるので 復習にはいいかもね(苦笑) ▼ 灼眼のシャナ III(Final)第3話 「旅立つために」  佐藤は 徒(悠二)が御崎市に入ったことを田中に警告。 田中は戦いから逃げてもダメなとかと覚悟し マージョリーに連絡、そして再び玻璃壇へ。... [続きを読む]

» 魑魅魍魎を統べる者は… 朝夕のcartoon filmenから (義風捫虱堂)
Fate/Zero 第4話 灼眼のシャナ 最後#3 [続きを読む]

» 灼眼のシャナⅢ(Final)第3話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#3「旅立つために」 「遠かった。だが、ここまで来たんだよ、シャナ!」マジで闘す [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII(Final) 第3話 「旅立つために」 感想 (Garnet Clover〜ガーネット・クローバー〜)
それぞれの想い・・・・ 今回は悠二の回想シーンでお送りしますw ―あらすじ― 人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈(ばっこ)している。 古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅世(ぐぜ)...... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII 第3話 「旅立つために」 (マサのまったり日記)
こんにちは、マサです。 平日の更新が出来ていません。 まぁ、今週は帰宅が仕事や飲み会で遅くなっていたのもありますけど。 加えて、ネタが思いつかないってのもあります。(汗 ... [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII 第3話 (ニコパクブログ7号館)
第3話『旅立つために』灼眼のシャナIII−FINAL− 第I巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]今回は・・・悠二の回想? [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII(Final) 第3話「旅立つために」 (よし…。生きるか…(=ω=))
それは“坂井悠二”であって、 そうでないものだった。 彼が降り立った地は御崎市。 シャナと出会い、 自分がトーチだと知り、 “徒”との戦いへ共に歩みだした場所。 [続きを読む]

» 灼眼のシャナIII -Final- 第3話 (パズライズ日記)
悠二が御崎市に帰ってきて今までを振り返る話。 今まで色々あったものですが、アニメしか見てない私にとっては数年前に見たきりなのですっかり忘れてる部分が多かったりします。 ... [続きを読む]

» ◎灼眼のシャナIIIFinal第3話「旅立つために」 (ぺろぺろキャンディー)
ユウジがミサキ市に帰ってくる。田中は、佐藤がアウトローにむかった。そして、佐藤から電話がくる。グゼがそっちに向ったと教える。そして、佐藤にハリダンに行かせる。マージョリ... [続きを読む]

コメント

一期二期と間隔が空きすぎてたり、悠二の描き方が徹底してヘタレだったりしてたんで、この回想は必要だったかも知れませんね。
テレビでたまたまヴィルヘルミナを観て、その美しさに魅せられて『灼眼のシャナ』をアニメや原作(始めてのライトノベル)に手を出した経緯を持つ私ですが、原作を知る度に憤慨したもんです。


『玻凜壇』がフレイムヘイズを感知できない時点で蛇が天然のドジっ子だと言うのは露呈してますよね。しかもベルペオルが何千年も頑張ってきたのに、いきなり悠二を迎え入れる辺り我儘放題です(笑)。


フリアグネは原作を読んでみるとアニメは酷いと思いました。彼は原作(本編と番外編)での活躍は面白いですから(笑)。彼が「やらかした」のが悠二があそこまで至る原因なんだから、丁寧に扱って欲しかった。

あるるかんさん☆
毎度ありがとうございます。

>この回想は必要だったかも知れませんね。
ええ、この回想は必要ですよ。絶対に。
ただちょっと長い。

>テレビでたまたまヴィルヘルミナを観て
あら、あるるかんさんは、ヴィルヘルミナ党でしたか。

>『玻凜壇』がフレイムヘイズを感知できない時点で蛇が天然のドジっ子
いや、“祭礼の蛇”が勝手に手放したわけではないので、完成途中の品だったんでしょう。
原則、発動中の存在の力の検知ですし、トーチと自在法を表示するのは仕方がないところ。

>フリアグネは原作を読んでみるとアニメは酷いと思いました。
彼を救済するために、劇場版があったわけなので(本当か?)。
劇場版では、ずいぶんと扱いが違いますよ。原作に近いです。

>

こんばんは。
コメントが遅くなりつつあります。

>あれも、原作か『Fate/StayNight』見ていないと分からないですよ。
僕は、Zeroから見ることができて良かった・・・と感じております。
原作を知っていたら、「シャナ」と同じように「原作未読者が・・・」と思うのでしょう。(笑
なので、「そのうち理解が追いついてくるでしょう。」に落ち着くんでしょうね。

>先週がバタバタと登場人物たちの顔見せだけに終わっただけに、もう少し物語を進めて欲しかった。
同意で。
全体的に「ゆっくり」ですね。

>長い間待たされた身としては、早く進めてくれ~が強くなってしまいます。
知っていると、その思いが強いですよね。
大戦争となる「あそこ」も早くして欲しいし、「この先、どう描かれるのか」を見たいです。

>OVAまで見てた身としては、長い前振りだった。(汗
間違いないですね。(笑

"徒"より宝具の方が、新規視聴者だと全く分からないですよね。
そのことから、藍麦さんの補足事項は皆さんの参考になるかと思いました。
グッド!です。

「贄殿遮那」はこの先<禁則事項>って考えると、どこかで補完(というより復習?)が欲しいですよね。
そういう意味でも、アニメの物語が「原作既読者」に対する構成になっているのかな。

マサさん☆
こんばんは~です。

>コメントが遅くなりつつあります。
ご苦労さまです。お忙しいのでしょうか。
こちらは、本日2本興行です。実は1本は日曜に書いたタイマー記事だったりします。

>僕は、Zeroから見ることができて良かった・・・と感じております。
あ、書き方が悪いですね。
自分は、『Fate/StayNight』だけです。原作は読んでいません。

>全体的に「ゆっくり」ですね。
ゆっくりでも、2期のようにぐだぐだにならなければOK

>大戦争となる「あそこ」も早くして欲しいし、「この先、どう描かれるのか」を見たいです。
本当に待ち遠しいですね。

>補足事項は皆さんの参考になるかと思いました。
実は自分の記憶を確認する意味もあったりします。
結構忘れているんですよ。ラミーの件とか。(汗)

>どこかで補完(というより復習?)が欲しいですよね。
あぁ、あれはここからだと突然ですね。確かに。
二期にもありませんでしたから。

>アニメの物語が「原作既読者」に対する構成になっているのかな。
まぁ、放映前の再放送を考えると、それを見ていること前提ぐらいでしょう。

コメントを投稿

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間