管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

« 東京女子流*TGS Discography in July(1st Album「鼓動の秘密」より) | メイン | 魔法科高校の劣等生 Episode15「九校戦編VIII」 »

2014年7月14日 (月)

東京女子流*HARDBOILED NIGHT 第1夜「The Narrows 天使と罪の街」

Img_0405

東京女子流*HARDBOILED NIGHT 第1夜「The Narrows 天使と罪の街」

ということで、昨日行った赤坂BRIZでの東京女子流ちゃんのライブの感想を書くことにします。一つ前に書いたのが、昼の部の感想です。昼夜公演の場合には、分けずに一本の記事で書いたりする場合もあるのですが、今回は全く性質が違う公演だったので、分けて書くことにしました。

ちなみに、「HARDBOILED NIGHT」というのは、ハードボイルド小説のような雰囲気で行う公演ということですね。第5夜まであるんですが、それぞれの公演にサブタイトルが付いています。それがハードボイルド小説から引用されています。

今回の公演は、マイクル・コナリーの"ハリー・ボッシュ" シリーズから『天使と罪の街』です。シリーズというか、マイクル・コナリーのオールスターキャスト的な小説で面白いし有名ですが、ちょっと他の4つの公演とは、小説が新しい気がします。

それはさておき、こういう公演をするようになった理由は、どうやら4thツアーでやった『Count Three』というカバー曲の評判が良かったからのようです。この曲は、ルパン三世の世界観をイメージした曲らしいのです。そこからですね。

ということで、感想をまとめておきたいと思います。といっても、あくまでも個人的な備忘録なので、細かい間違いはご容赦を。

セトリとかを書いておきます。ちなみに、MCはありません。どこに映像が入ったのかは、忘れちゃいましたが、3箇所ほど映像が入っています。

◆HARDBOILED NIGHT 第1夜「The Narrows 天使と罪の街」

日時:7/13(日) 18:30~

場所:赤坂BLITZ

[セットリスト]

1. Count Three (TGSナンバーなし)
2. 孤独の果て~月が泣いている~ (TGS11)

ハードボイルド映像

3. Limited addiction -Unlimited addiction Mirrorball Royal Mix- (TGS13)
4. pain (TGS35)
5. Liar (TGS17)

ハードボイルド映像

6. Killing Me Softly (TGS00)
7. Love like candy floss (TGS09)

ハードボイルド映像

8. GAME (TGS41)
9. Paint in Black (TGSナンバーなし)
10. Mine  (TGS34)

アンコール

EC1. 恋愛エチュード (TGS40)

MC みんなで告知です。

[感想]

どういうライブなのかと話題になっていた「HARDBOILED NIGHT」ですが、MCを全く挟まずに、その代わりに女子流ちゃんたちが演技するハードボイルドドラマ映像を流すというものでした。

女子流ちゃんたちのぐだぐたMCが好きなアスタライトとしては、MCが見聞きできないのはちょっと、かなり悲しいですが、こういうライブもありかもと思える内容でした。

ハードボイルドドラマの映像の女子流ちゃんたちの演技は、どうもかなり時間がない中で、一発撮りに近い感じでやっているように思いました。それも、恐らくは時間軸通りに撮っているかんじでしょうか。最初の部分はかなり馴染まない感じでしたが、だんだんと良くなっていった感じがしました。いや、見る方が慣れたのかも。

くすくす笑いも少しありましたが、こういう雰囲気を醸しだすための映像なので、受け入れてしっかりと見ましょう。(笑)

基本的な配役等は、ここを見ておくと、2回目からみても大丈夫でしょう。ちなみに「The Narrows 天使と罪の街」というサブタイトルは小説から採っていますが、店の名前に使うだけで、小説の内容は関係なかったです。

演技は、映画ではちょっと演技しているのが見え見えな感じもしたひーちゃんが、案外はまっていて良かったです。今回のコンセプトに合っているんでしょうね。

後は、隊長の銃撃が格好良かったですよ。新しい一面でしょうか。

ライブ自体は、今回の曲目はカッコイイものを集めていて、自分的には問題ないというか好きな曲ばかりなんです。『Count Three』で始まってアンリミが入って、『Mine』で締めるなんて、もう最高ですね。でも、これ5回やるんですよね。なんだか、同じ曲の繰り返しにならないのかなぁ。

新曲『GAME』ですが、曲はカッコイイかもと思いますが、完成度がちょっとという感じです。力強さを出すためか、ユニゾンが多いのですが、そこが揃っていないためですね。曲の印象としては、山邊隊長の曲ですか。ゆりちゃんがちょっと残念でした。でも、回重ねると良くなりそうな印象です。

全体としては、やっぱりあぁちゃんが良くなっているのが大きいですね。そうでなければ、このライブもできなかったでしょう。それと、新しい曲は、あぁちゃんとひーちゃんのハーモニーが入っていて音が分厚いので、聞いていて楽しいですね。特に『pain』が好きです。

元々、自分はひーちゃんとあぁちゃんのツインボーカル論者なので、かなり視点が偏っていますが、二人が唄を支えているのを聞いていると、他の三人にもコーラスをやれるようになって欲しい感じがします。

[今まで書いた女子流ちゃん記事のピックアップ](古いのは省略というか整理しなくちゃ)

東京女子流*4th JAPAN TOUR 2014 CONCERT*04 ~野音Again~ with 土方隆行バンド (bonsai.)
東京女子流*4thアルバム『Killing Me Softly』
東京女子流*『学校の怪談 呪いの言霊』
東京女子流*TGS39『十字架 ~映画「学校の怪談 -呪いの言霊-」 Ver.~』
東京女子流*KAWAii!! NiPPON EXPO 2014
東京女子流*映画「学校の怪談」呪いの言霊スペシャルライブ
東京女子流*4th JAPAN TOUR 2014~Royal Mirrorball Discotheque~@2014.4.6 SHIBUYA-AX
東京女子流*『5つ数えれば君の夢』2回目
東京女子流*LIVE*062『サヨナラ、大阪。私、東京女子流になります by 中江友梨編』/LIVE*063『サヨナラ、大阪。私、東京女子流になります by 小西彩乃編』
東京女子流*TGS32『Partition Love』発売日
東京女子流*『Maltine Girls Wave』
東京女子流*LIVE*060『大阪忘年会2013(1次会)』/LIVE*061『大阪忘年会2013(2次会)』
東京女子流*『LIVE AT BUDOKAN 2013』
東京女子流*武道館セットリスト勝手に考えてみた2013
東京女子流*武道館前に勉強してみよう2013
東京女子流*ANIMAX MUSIX 2013 supported by スカパー!
東京女子流*サンシャイン i-Pop Monthly Festival presented by 新星堂
東京女子流*TGS37『ちいさな奇跡』
東京女子流*LIVE*059『ROAD TO BUDOKAN 2013 part2』
東京女子流*LIVE*058『ROAD TO BUDOKAN 2013 part1』
東京女子流*LIVE*056『Season4の幕開け』 /LIVE*057『地方定期ライブの成功はこの新潟にかかってる!』
東京女子流*SURESURETV
東京女子流*TGS32『Partition Love』
東京女子流*『Get The Star/Last Forever』
東京女子流*LIVE*055『さよなら、横浜BLITZ-お世話になりました TGS Discography Vol.3-』
東京女子流*LIVE*054『さよなら、定期ライブ-Season3-』
東京女子流*IDOL NATION 2013
東京女子流*『LIFE SIZE』
東京女子流*『東京女子流スレスレTV』PREMIUM LIVE in 渋谷公会堂
東京女子流*LIVE*052『先生、ご結婚おめでとうございます!ビックリ公演』
東京女子流*「運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)」 リリース直前記念one hourフリーライブ in あべのキューズモール
東京女子流*3rd JAPAN TOUR 2013 ~『約束』~ ※楽日
東京女子流*3rd JAPAN TOUR 2013 ~『約束』~ ※追加公演
東京女子流*「ローソン・エンタラン 6時間リレーマラソン」フリーライブ・日産スタジアム
東京女子流*TGS33『運命』
東京女子流*3rd JAPAN TOUR 2013 ~『約束』~ Zepp Tokyo
東京女子流*「日本武道館ライブ&ドキュメンタリー -LIVE AT BUDOKAN 2012-」
東京女子流*「約束」リリース記念 one hour フリーライブ in ラゾーナ川崎プラザ
東京女子流*3rdアルバム『約束』
東京女子流*LIVE*050『2013年明けまして初定期LIVE!』
東京女子流*『LIVE AT BUDOKAN 2012』
東京女子流*武道館前に勉強してみよう
東京女子流*LIVE*047『大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い』
東京女子流*LIVE*046『Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~』
東京女子流*武道館セットリスト勝手に考えてみた
東京女子流*LIVE*045『悪の華』
東京女子流*LIVE*044『こちらトランスフォーマー部』
東京女子流*『ROAD TO BUDOKAN 2012 ~Bad Flower~』
東京女子流*『SWITCH』特集号『ソーシャルカルチャーネ申1oo The Bible』
東京女子流*CONCERT*03 『Rock you!』 Blu-ray
東京女子流*LIVE*043『東京秋祭りナイト2012』
東京女子流*TGS24『Bad Flower』
東京女子流*LIVE*040『Season3の幕開け』
その他東京女子流ちゃんの記事はここ 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/32343309

東京女子流*HARDBOILED NIGHT 第1夜「The Narrows 天使と罪の街」を参照しているブログ:

コメント

レポート書いてもらってありがとうございます。

>第5夜まであるんですが、それぞれの公演にサブタイトルが付いています。それがハードボイルド小説から引用されています。
もし予定が空いたら、全部行かれるんですか?当日券もありそうでチケットが持ってなくても行けるですね。でも後の方もちゃんとスクリーンが見えるでしょうかね。

>マイクル・コナリーのオールスターキャスト的な小説で面白いし有名ですが
あらすじを読んだけど、FBIのこと話しているような、なんだか女子流ちゃんの演出とちょっと違うような。まぁ、英語は結構苦手なので、あらすじも理解し難いです(苦笑)

>こういう公演をするようになった理由は、どうやら4thツアーでやった『Count Three』というカバー曲の評判が良かったからのようです。
あともう一つの考えはメンバーの体力も限界があるので、MCしなくて済むには休憩も作れるという考えかもしれんね

>この曲は、ルパン三世の世界観をイメージした曲らしいのです。
峰不二子ですね(笑)あぁちゃんも言ってた

>どこに映像が入ったのかは、忘れちゃいましたが、3箇所ほど映像が入っています。
合ってると思うよ。あとアンコール前に3個の映像のダイジェストも流れたね。てっきり予告だと思ってたけど、ちょっと残念。

あと一つ言いたいですが、この公演とツアーでもあった、「キリン組み」の冒頭のイントロ、確かアルバムに入っていないよね。入れて欲しいな。まぁ、アルバムのイントロと衝突があるので、まぁ、いいか。やっぱつべしか聴かないイントロ、残念ですね

>MCが見聞きできないのはちょっと、かなり悲しいですが
悲しいけど、みなさんも映像を楽しんでじゃん(笑)あとメンバーのためでもあるので、それを考えると、まぁ、理解できます。昼公演もMC聞けたし、まぁ、いいか。

>馴染まない感じでしたが、だんだんと良くなっていった感じがしました。
うん。意外とめいてぃんはカメラに向かって笑えずにセリフを言えたのか(笑)
あとあぁちゃんの鼻歌、最高ですね!

>店の名前に使うだけで、小説の内容は関係なかったです。
やっぱりそうだったのですか!釣れたね(苦笑)小説のあらすじを読んだけど、FBIって!?ありもしないのに

>映画ではちょっと演技しているのが見え見えな感じもしたひーちゃんが、案外はまっていて良かったです。
「いい歌だったよ、めい。相変わらず美しいな~君は」というセリフを言っているひーちゃん、めっちゃカッコよかったよ!

>隊長の銃撃が格好良かったですよ。
「歌っている時に思ったのは『私はマフィアだ』」やまべは、実に可愛かったよ。あと、同じ日にSAOIIの字幕版を観たのせいか、2話の例のミニガンを思い出した。でも彼はマフィアじゃなく、雇われた用心棒ですね(笑)そういえば、あれは明らかに重兵器マシンガンだけど、どうしてミニガンと呼ばれているでしょうかね。SAOIIの世界観、よく分からん。とにかくシノンはカッコよかったので、それはよしとしよう。(また話が飛ばしちゃったw)

>これ5回やるんですよね。なんだか、同じ曲の繰り返しにならないのかなぁ。
女子流の曲、全部ハードボイルドじゃないからね。心配ですね(苦笑)まぁ、昼公演もあるし、大丈夫よね。これからも次々にアルバムを各公演で披露する予定ですが、最後の公演はどうするでしょう。5thアルバムはまだないけど。もしかしてだけど♪もしかしてだけど♪新曲5曲を全部披露するじゃないの?なんちゃってw

>新しい曲は、あぁちゃんとひーちゃんのハーモニーが入っていて音が分厚いので、聞いていて楽しいですね。特に『pain』が好きです。
そうですね。あぁちゃんの低音も結構低かったので、最初ラゾーナで生で聴いた時に(生ワケじゃないけど、ユーストで)、驚きましたよ。アルバム音源よりずっと低い!と思ったね

>自分はひーちゃんとあぁちゃんのツインボーカル論者なので、かなり視点が偏っていますが
自分自身のことよく分かるよね(笑)
ちょっと失礼ですが、ボクとうちの妹の考えだと、やはりあぁちゃんはまだ体力が足りない気がする。昔みたいに(若さ?)歌って踊っての勢いに戻れない(?)から、ボーカルも不安定になったね。ボクと妹もあぁちゃんのこと見捨てワケじゃないけど、ただ残念しか思いませんでした。特にボクの妹、いつも「あの子(あぁちゃん)は他の子とちょっと違う、昔から大人の路線に一人で歩いているみたい」。実際に、S竹さんも「昔みたいに(若さ)戻れない」反省会で言ってた気がする。まぁ、自分は音楽のこと詳しいじゃないので、説得力ゼロも承知しています。ただ思ったこと素直をいうだけ。もちろん、これからも5人で見守りたい。あとこにたんのラジオも聴くので。特にコニえもん~~

マックスさん☆

>もし予定が空いたら、全部行かれるんですか?
いや、基本は月に一度以上は有料ライブには行かないので、他とのバランスです。

>なんだか女子流ちゃんの演出とちょっと違うような。
はい、全然関係ありませんね。

>MCしなくて済むには休憩も作れるという考えかもしれんね
それはあるかも。ただ、「Count Three」の人気で思いついたとSTKさんがおっしゃっていました。

>合ってると思うよ。あとアンコール前に3個の映像のダイジェストも流れたね。
おお、ありがとうございます。

>「キリン組み」の冒頭のイントロ、確かアルバムに入っていないよね。
そうか。そうですね。

>意外とめいてぃんはカメラに向かって笑えずにセリフを言えたのか(笑)
いや、やっぱりめいてぃんが一番違和感が(笑)

>どうしてミニガンと呼ばれているでしょうかね。
元のM61A1を小型化したのがM134なので、ミニガンと呼ばれるようですよ。

>最後の公演はどうするでしょう。
5回目の昼の部は、TGSナンバー外を集めてやるらしいですよ。

>アルバム音源よりずっと低い!と思ったね
昔の『Liar』や『Rock You!』でゆりちゃんと組んでやっているオクターブユニゾンも1オクターブ下を歌うのでかなり低かったです。
ただ、最近は単純ではなくってハーモニーになってますよね。

>S竹さんも「昔みたいに(若さ)戻れない」反省会で言ってた気がする。
それは、キーのことを言っていたと思います。子供の声の方がキーが高いので、そのままだと普通には歌えないということです。
自分は、あぁちゃんは精神的な部分も大きいと思ってます。もっと自信もって歌えば大丈夫なんでしょう。
ただ、後半に苦しくなったり、ダンスがない曲は大丈夫だったりするんで、体力もあるんでしょうね。
でも、やっぱり、表現力が他の4人とは段違いにあるので、女子流の歌姫はあぁちゃんですよ。

>いや、基本は月に一度以上は有料ライブには行かないので、他とのバランスです。
他の有料ライブも行く予定があるのか。うん。やっぱり3000円を払って15分ぐらいの映像を見るためにライブに行くのはちょっとね。もっと他のライブも見るべきですね。

>それはあるかも。ただ、「Count Three」の人気で思いついたとSTKさんがおっしゃっていました。
そうですね。道理でRMMのフェイスブックページもハードボイルドのことも宣伝したよね。そして気づいた。あっ!そうだ。Count Threeは松井さんの作品ですね。

>それはあるかも。ただ、「Count Three」の人気で思いついたとSTKさんがおっしゃっていました。
そうっすね。完売したよね。みんな、プレイヤーを持っていないのにw
一体どんな人にターゲットしたのか。やっぱり音楽が好きの人たちですね。

>元のM61A1を小型化したのがM134なので、ミニガンと呼ばれるようですよ。
おお!詳しいですね!以前FPS(CODとか)もやっているけど、全然詳しくないのは面目ないです(苦笑)

>5回目の昼の部は、TGSナンバー外を集めてやるらしいですよ。
なるほど、LIFE SIZEも聴けるそう、夏だから

>昔の『Liar』や『Rock You!』でゆりちゃんと組んでやっているオクターブユニゾンも1オクターブ下を歌うのでかなり低かったです。
そうですね。確か
「誰かのせいにしたくはないから
しっかりとケジメをつけてみせる」
あそこは分かりやすかったね。あぁちゃんの低い音程

>キーのことを言っていたと思います。子供の声の方がキーが高いので、そのままだと普通には歌えないということです。
やっぱり青春期で声が変わるので、子供の声に戻れないっすね。

>自分は、あぁちゃんは精神的な部分も大きいと思ってます。
藍麦さんは本当にあぁちゃんに自信があるよね。そういう信じるの心、私も学びたいな~アスタライトとして、オレもまだまだですね。これはオレの試練ですね。

マックスさん☆
こちらもありがとうございます。

>他の有料ライブも行く予定があるのか。
いやないですが、お小遣いが使える範囲との相談です。

>一体どんな人にターゲットしたのか。やっぱり音楽が好きの人たちですね。
いや、わかりません。謎です。複数買いする人も見ましたし、単にグッズになっている気が。

>おお!詳しいですね!
いや、詳しいのはWikiくんです。

>あそこは分かりやすかったね。あぁちゃんの低い音程
そうそう、Liarで最初聞いたときには、結構衝撃でした。

>子供の声に戻れないっすね。
女の人だと、声が高くなる人もいるようですね。
ひーちゃんは、声域が広がった気もします。ただ、発声訓練して唄い方変わってますからね。

>藍麦さんは本当にあぁちゃんに自信があるよね。
自信というか、ひーちゃんとあぁちゃんの女子流が好きなので、そこがだめならファンではいられないからですね。

>いやないですが、お小遣いが使える範囲との相談です。
うん。金を無駄扱いもできませんね。家族もあるし。奥さんとの相談も大変ですね。

コメントを投稿

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間