管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

« コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第3話「鉄骨のひと」 | メイン | 学戦都市アスタリスク 第4話「解き放たれし者」 »

2015年10月24日 (土)

ノラガミ ARAGOTO 第4話「願」

Ng01

ノラガミ ARAGOTO 第4話「願(ねがい)」です。

『ノラガミ ARAGOTO』は、人気があったように思う『ノラガミ』の第二期です。1年以上経ってますから、当初からの変則2クールというわけではないと思いますが、前作は続きを作れそうな終わり方ではあったような。

さて、『ノラガミ』の原作は、月刊少年マガジンに連載されているマンガです。コミックスで読んでいます。内容的には、一応伝奇物という感じになるのでしょうか?

原作のあだちとかさんは、この『ノラガミ』の前に連載していた『アライブ-最終進化的少年-』がアニメ化発表の後、突如として中止になった経緯があるので、ようやく念願かなってという感じでしょうか。ちなみに、あだちとかさんは、女性ですね。

まぁ、女性の描く少年マンガということで、特徴としては綺麗な絵とちょっと痛みのあるストーリーが特徴です。

ちなみに、第一期の感想はここを前に

第二話までで、軽く一期の世界観を説明しつつもそこには深く立ち入らず、鈴巴の死を受けて、いよいよ何か起こりそうだという雰囲気を醸しだしていました。

そして先週の第三話では、その雰囲気のまま、いよいよトラブルが明確化してきました。というか、陸巴が本格的に動き出したといってもいいでしょうか。いや、雪音が勝手に動き、それに釣られて兆麻が巻き込まれたという感じですか。

先週でぼんやりと見えていた、毘沙門天一派の中に怪しい動きがあり、さらにはそれが毘沙門天に仇なすものだというものが、明確になったという感じですか。ここまでくると、夜トは狙われているのか巻き込まれているのかが気になります。

ということで、ノラガミ ARAGOTO 第4話「願(ねがい)」感想行きます。

あらすじを公式から引用しておきます。ちなみに、原作は既読ですので、ネタバレしないように注意はしますが、ぽろっと書いてしまう可能性があります。

あらすじ:公式から引用

陸巴に連れ去られたひよりと兆麻は、呪がかけられた洞窟に監禁されていた。

毘沙門を裏切った陸巴……その狙いを推察する兆麻は、自分たちの過去をひよりに語り聞かせる。かつて毘沙門の神器たちには共通の呼び名として“麻”の字が与えられていた。兆麻は唯一の生き残りであり、他の”麻の一族”を全滅させたの は夜トだった……。

ひよりを救うため、雪音と共に高天原へ向かう夜ト。待ち構える毘沙門。因縁の対決がついに始まる……!

Ng02

感想:

ということで、『ノラガミ ARAGOTO』第4話「願(ねがい)」です。

いよいよ本格的に展開してきて、盛り上がってきました。

今週は、若干原作と構成が変わっていましたが、尺の関係で構成を入れ替えたのか、一期でここのネタを少し使いまわしてしまったので、さっくりと省略してしまうのかは、次週以降を見ないと分からないです。ただ、中間を省いたおかげで、テンポが速くなり急激に盛り上がった感じがします。

そう、今週はかなり面白かったです。

一期から、原作通りに仄めかされていた、毘沙門天と夜トの対立構造、そして夜トと兆麻との不思議な信頼関係の理由が、今週やっと明確になりました。長かったですね。

ここまで来ると、毘沙門天の行動は逆恨みでしかないようにも思えます。ただ、彼女が、自分は倒れても神器を救いたいと思っていたのなら、夜トの過去の行動は余計なものだったというところでしょうか。その辺りは、実は夜トと野良が当時どういう存在だったのかがわからないとはっきりしないとは思うのですけれど。夜トが殺戮を好むような存在であると、毘沙門天が本当に信じていた可能性もあるわけですから。

しかし、釘宮さんは、野良にぴったりだなぁ。

そしてもう一つ、今回の事象の仕掛け人である陸巴、その狙いが明確になりました。ただ、まだ彼が名前をどうしたのかは、まだ分からないですよね。そして野良とどう絡んでいるのか。なぜ、代替わりした毘沙門の道標となろうとしているのか、謎は多いです。

どちらにしても、盛り上がったところで次週となったので、続きが気になります。雪音はどうなってしまうのでしょう。

それにしても、神は魔が差している自分の神器とかを感知できないのですねぇ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/33619929

ノラガミ ARAGOTO 第4話「願」を参照しているブログ:

» ノラガミ ARAGOTO #04 (ぐ~たらにっき)
『願(ねがい)』 [続きを読む]

» ノラガミ ARAGOTO TokyoMX(10/23)#04 (ぬる~くまったりとII)
第4話 願 陸巴に捕獲され閉じ込められている兆麻とひより。 外部とは隔離された空間なので、長く留まるとひよりの命が危ない。 現に肉体は呼吸も浅く危険な徴候があった。 怒りに燃える夜トだった。 どうして陸巴を繋げなかったのだろうかと考える兆麻。 我々にとって名は呪い、存在を縛るもの。 どうして兆麻だけ麻の名を持つのですか、他の人は巴なのに。 かつて毘沙門は麻の名を命名していた一族だった、その唯一の生き残りが兆麻。 他は皆、夜トに殺害された。 昔も大家族だった毘沙門一族、大いなる器量を持つ毘沙門だっ... [続きを読む]

» ノラガミARAGOTO 第4話「願(ねがい)」 (いま、お茶いれますね)
第4話「願(ねがい)」 クガハによって高天原に連れ去られたひよりとカズマは結界に閉じ込められ外に出られない。 拉致監禁ですね! 寝起きのおかしいテンションで拉致監禁にwktkするひよりですが、このまま長く体から離れれば死んでしまう。 ... [続きを読む]

» 【ノラガミ ARAGOTO】 第4話『願(ねがい)』キャプ付感想 (空 と 夏 の 間 ...)
ノラガミ ARAGOTO 第4話『願(ねがい)』 感想(画像付) 陸巴の姦計に嵌り、夜トと毘沙門がぶつかり合う。 兆麻から語られる毘沙門の前の一族を夜トが滅びした真相。 毘沙門はぜんぜん反省してないせいで、また同じことになってますね…。   陸巴に連れ去られたひよりと兆麻は、呪がかけられた洞窟に監禁されていた。 毘沙門を裏切った陸巴……その狙いを推察する兆麻は、自分た...... [続きを読む]

» ノラガミ ARAGOTO 第4話「願(ねがい)」 (WONDER TIME)
「僕が夜トに願ったんだ」 夜トと毘沙門様の因縁! そして、陸巴に捕らわれたひよりと兆麻は…    【第4話 あらすじ】 陸巴に連れ去られたひよりと兆麻は、呪がかけられた洞窟に監禁されていた。毘沙門を裏切った陸巴……その狙いを推察する兆麻は、自分たちの過去をひよりに語り聞かせる。かつて毘沙門の神器たちには共通の呼び名として“麻”の字が与えられていた。兆麻は唯一の生き残りであり、他...... [続きを読む]

コメント

ノラガミのタグはちょっと違ったじゃない?「noragami3」のほうが正解気がする

夜トは結構いい神です。かずまさんの名前の引き換えにやってくれるとは
だから貧乏神のまま(笑)

代替わりをして、権力を握りたい感じ、あの陸巴

雪音くんが切られた

あとひよりは制限時間もあるしね。心配

弱体化している毘沙門天はやはり裏きりものを感知できないですね
誇り高すぎると自分を滅ぼすと言ったところでしょう

マックスさん☆

>ノラガミのタグはちょっと違ったじゃない?「noragami3」のほうが正解気がする
その通りでした。修正しました。(汗)

>夜トは結構いい神です。かずまさんの名前の引き換えにやってくれるとは
まぁ、その辺りは、恐らく毘沙門編のあとですね。

>代替わりをして、権力を握りたい感じ、あの陸巴
なぜに神器なのにそうなったのか、その辺りはおいおいです。

>あとひよりは制限時間もあるしね。心配
そうそう、それが一番ですね。
神のすまう高天原(たかまがはら)にいるのか、どこにいるのかですね。

>誇り高すぎると自分を滅ぼすと言ったところでしょう
ちと違うかも。誇りより優しさが身を滅ぼしている感じでしょうか。

コメントを投稿

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間