管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

« この冬このアニメを見ようかな(2016年冬)【予定稿】 | メイン | ノラガミ ARAGOTO 第13話「福の神の言伝」 »

2015年12月25日 (金)

東京女子流*5thアルバム『REFLECTION』

Ref3

クリスマスですが、今週は東京女子流の5thアルバム『REFLECTION』の発売週でした。

今回のアルバムは、今までになく大変な状況での発売になっていました。色々と事情があってということなんですね。どういう事情かを軽く書いておきますとこんなところです。

・東京女子流の歌姫・小西彩乃さんが故障で活動休止中

・音楽プロディーサーが藤原俊夫さんでなくなった

・メインアレンジャーが松井寛さんから変わった

ということで、新しいメインアレンジャーにBLU-SWINGのYUSUKEさんを迎え、4人でのパフォーマンスを行ったアルバムなんですね。今までの、ファンク色の強いブラックな曲調から、都会調といいますかホワイトな感じになったという感じですか。音楽の知識があまりないので、あまり詳しくは語れないのですが。

そういうことで、アルバムを聞くまではちょっと心配していたのも確かなんですが、聞いてみると全然悪くないですね。単独のアルバムとしては、なかなか良い出来だと思います。個人的には、4thアルバム『Killing Me Softly』よりもこちらの方が好きかも。4thは、アルバム全体としてのまとまりを感じなかったので。

さて振り返りはそれくらいにして、アルバムの中身もきちんと書いておきましょうか。

CDは3形態です。3枚セットのmumoショップ限定版を合わせると4形態ということになりますか。

Aタイプが、前回のベストアルバム以降、主に海外遠征などを映したドキュメンタリーDVD付き。Bタイプが、ファッション雑誌NYLON JAPANプロデュースの写真集付き、Cタイプがおまけ1曲付きです。

曲は、3形態を整理すると、12曲です。今回曲が少ないのは、IntroとOutroがないことからでしょう。それぞれの曲の感想を簡単に。

-------------

1.TGS55『リフレクション』

このアルバムの中で、一番インパクトがある曲ですね。なんといいますかK-POP的なというのかな。皆さん仰っていますが、ライブでどうパフォーマンスするのか見てみたい。

ただ、あのMVの作画は絶対だめですね。

2.TGS50『Never ever (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)』

このアルバムの中で、小西彩乃さんの声が聞ける二曲のうちの一曲。大こけした19thシングルの曲です。最近は、OriginalよりもこちらのMixの方が聞き慣れて好きになりました。でも、あぁちゃん曲だと思うんだよなァ。

3.TGS51『illusion (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)』

7インチシングルで発売された、庄司芽生さんのボーカル曲。東京女子流名義ではありますが。ガチガチにエフェクトが掛かっていて、実はあまり好きではありません。

4.TGS54『White Snow』

EDMって感じの曲ですね。悪くはないというか好きなタイプの曲だと思いますが、実は新井ひとみさんのソロで聞いてみたいかもと思ったりして。

5.TGS56『READY GO!』

山邊未夢さんが作詩した曲。と言っても、自分は昔から歌詞を聞き込むタイプではないので、印象に残る言葉が欲しいなという感じです。キーが高くて面白いのですが、そのコーラスというかユニゾンに小西さんの低音パートを被せて厚みを持たせたくなるような曲です。

6.TGS53『Dear Friend』

ハッキリ言って、サビ以外はあまり印象に残らない曲ではありますが、そのサビ部分は抜群にいいですね。サビは、中江友梨さんが一人でリードボーカルとってますが、見直しました。ごめんなさい、今まで女子流の中で低く扱っていてという感じです。

7.TGS52『純白の約束』

アコースティックギター?マンドリン?ですかね?その音の被せ方が面白いです。元々、休んでる小西彩乃さんに向けて歌った曲ということで、前向きなさわやかな歌詞になっています。

ただ、あのMVは、ちょっと目指したことがわからないなぁ。

8.TGS49『YOU & I FOREVER (YUSUKE from BLU-SWING mix)』

ずっと空白になっていて、色々憶測を呼んだ(?)TGS49です。多分、全部の中で一番キャッチーなメロディで、好きな人が多いのではないでしょうか。スキーソングっぽい感じですね。ただ、この曲も平板な感じなので、あぁちゃんのボーカルが欲しいところ。

9.TGS54White Snow (Royal Mirrorball Mix)』

トラック4の松井寛さんアレンジバージョン。あれっ?というほど、こちらの方がボーカルが立っていますね。これなら、ひーちゃんソロより、あぁちゃんありの女子流で聞きたくなります。ただ、ちょっとバックがくどくて聞きにくいかな。

10.TGS52純白の約束 (Royal Mirrorball Mix)

トラック7の松井寛さんアレンジバージョン。ベースが強めに出ていて、松井バージョンって感じなんでしょうか?案外悪くない気もしますが、もう少しギターとか入れて売れ線に寄せたバージョンを聞いてみたかったかも。アルバム全体を意識されたのでしょうか。

11.TGS36ずっと 忘れない。 (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)

元々、一つ前のアルバムに松井さんのアレンジで収められていた曲のRemix。う~ん、オリジナルが好きかな。

12.TGS49YOU & I FOREVER (Original Mix)[Arranged by Hiroshi]

と思ったら、これはいいですね~。元々、この曲は松井さんで準備していたらしいのですが、お蔵入り寸前で、アルバムで復活となったようですね。でもやっぱりあぁちゃんと土方さんのギターが欲しい。

------------------

[アルバム全体について]

アルバム全体では、EDM色が強いといったらいいのでしょうか、そういう感じになっていると思います。

で、メインアレンジャーが変わって不安がる人も多かったのですが、アルバムトータルとして聞くならば、先にも書きましたが、一曲一曲は別にして、前の4thアルバム『Killing Me Softly』よりも全然良いと思います。アルバム曲が多いためでしょうか、トータルで考えられた作りになっている気がします。確かに、今どきの若い人向きかもね。

自分は、別にRoyal Mirrorball信者というわけでもなく、『LIFE SIZE』も最初から好きと言ってたりしましたので、アレンジャーが変わって違う色を見せることには違和感はありませんでした。なので、このアルバム結構好きかもという気がしています。

個人的には、ギターとか、ホーンセクションとか、もう少しアナログっぽい音が欲しい気もします。あと、やはり小西彩乃さんがいないので、音の厚みが足らない気がしますね。自分の女子流音楽は、新井ひとみさんと小西彩乃さんのツインボーカルで成立するイメージなので。

ただ、実質9曲ですよね、アレンジが異なる曲とかは一曲ぐらいにしてほしいな。前のアルバムでも書いたか。

[ドキュメンタリーDVDについて]

ポイントは、やはりお休みされている小西彩乃さんについてでしょう。この映像を見ていると、突然休みになって、他のメンバーや周りのスタッフも大慌てで対応しているというのがわかりました。というか、小西さん自体も、直前までそういう感じはなかったですね。

そして、メンバーの思いも自分たちの口で語ってもらえたので、少し安心しました。

元々、このアーチスト宣言や可愛い曲封印も、自分は小西さん向けにやったんではと思っていました。昔の唄を歌うのが苦しくなっていたからです。それもあって、全体にやることが裏目裏目にでていて、起死回生でアレンジャーを変えたのかななんて考えていたんですが、もっと前向きに色々考えて進められていたんですね。浅はかでした、すみませんでした。(汗)

このDVDは、アスタライトにとっては必見ですね。

ということで、早くこのアルバム曲に、小西さんがどう絡んでいくのか見たいですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/33692151

東京女子流*5thアルバム『REFLECTION』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間