管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

« 「いまさら翼といわれても」米澤穂信★★★半☆ | メイン | この冬このアニメを見ようかな(2017年冬)【予定稿】 »

2016年12月29日 (木)

響け!ユーフォニアム2 第13回「はるさきエピローグ」

Hy201

響け!ユーフォニアム2 第13回「はるさきエピローグ」です。

『響け!ユーフォニアム』の二期、『響け!ユーフォニアム2』です。原作の小説で行きますと、前の『響け!ユーフォニアム』の第一巻でした。この『響け!ユーフォニアム2』は原作の残りをまとめたものですね。

この『響け!ユーフォニアム』は、高校の吹奏楽部を舞台にした部活ドラマです。スポ根アニメの文化部版だと考えていただければよろしいかと。実際の吹奏楽部も体育会系文化部といわれる部活でありますので、まさにその通りかと。実際、以前から書いていますけれど、うちはリアルタイムで大阪の高校吹奏楽部家族でしたので、特にこのアニメに思い入れがあったりします。かなりリアルな部活描写であるあるでしたので、二期も楽しんでいました。

先週の第十二話は、いよいよコンクールの全国大会でした。せっかくの全国大会だったのですが、結局コンクールでの演奏がなかったのが残念ですが、まぁアニメでやっても、関西大会の映像と同じようなものになってしまうのも事実ですが。あすか先輩を一時欠いていたので、完成度が高まらなかったとかでもあれば別なのですが、全力を出し切りましただったので、仕方がないですね。

ということで、今週は、何をするのでしょうか。第1話から考えると、卒業でしょうか。

ということで、響け!ユーフォニアム 第十三話最終回「はるさきエピローグ」感想行きます。

9月に出た最新5巻はファン本で、解説+短編2本でした。また、立華高校に進んだ佐々木梓ちゃんを描いた番外編『立華高校マーチングバンドへようこそ』の前後編も既読です。なるべく、ネタバレはしないつもりで頑張ります。

あらすじ:公式から引用

3年生が引退し、新体制となった吹奏楽部は新しくスタートをきった。
しかし、久美子はひとりモヤモヤとしていて……。
それが何故なのかを考えるうちに、久美子は自身のある想いに気づく。

Hy202

感想:

響け!ユーフォニアム2 第十三回最終回「はるさきエピローグ」です。

前半は、コンクールの全国大会が終わって、吹奏楽部が新体制に向かう姿が描かれました。というか、久美子ちゃんのもやもやが描かれていたという感じですか。

アニメは、基本的には原作の長編三巻分からお話しを作りながら、短編集からもちょっと引っ張ってくるという形でした。ただ、明かしませんが、ある一つの部分は切り捨てるというか隠して進めていて、最終回ではそこに持ってくるのかなと思ったのですが、ちょっと違いました。

アニメファン的には、恐らくここではなくって、久美子ちゃんと麗奈ちゃんで終わってほしかったと思うのですが、このお話し的には最初から最後まで久美子ちゃんとあすか先輩のお話しだったということですね。とにかく綺麗な終わり方でした。良かったと思います。原作よりも良かったという気がしています。

このアニメでは、今まで色々なキャラクターにスポットをあてて来たのですが、その部分は総集編的な見せ方をして、最後のあすか先輩の部分は今の話としてしっかりと見せるというコントラストをつけた見せ方で、非常に上手く盛り上げていたと思います。

まぁ、二期の第1話に戻ったわけですから、この終わり方は当然予想されたのですが、それを上回って見せたということです。お見逸れしました。

それにしても、久美子ちゃんの声優さん黒沢ともよさん、すごくいいですね。ちょっと今流行りの声優さんとは違う演技をすると思うんですが、演技上手いと思います。特に、泣かせたら一級品ですね。感動しました。

この終わり方ですと、恐らくは「響け!ユーフォニアム」のシリーズは終わりだと思うのですが(映画はあるかもしれません)、自分的には非常に楽しめた作品でした。お疲れ様でした。

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2016/12/eupho2-13.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348717/34023160

響け!ユーフォニアム2 第13回「はるさきエピローグ」を参照しているブログ:

» 響け!ユーフォニアム2感想はるさきエピローグ (tacoの気持ち)
あああ・・・ユーフォロス(泣) 3年生引退(泣) 悲しまないで 君が3年生になればいいのら(笑) じゃあ・・・いいけど(良くない) [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 第13話(終)「はるさきエピローグ」感想 演奏を送り合う卒部会に涙が出た。 (二次元美少女の笑顔を守りたい duple)
響け!ユーフォニアム。タイトルまで回収した見事な完結回。 送り送られしていく人々の想いを優しく、そして爽やかに感じるエピローグだったと思う。 優子部長と夏美副部長の誕生という楽しいシーンで始まりましたが、面白がってやっていると頭を抱える後藤先輩にヤレヤレですねと思ったのも束の間、みどり葉月の恋愛ネタ大好きコンビから、秀一から何かもらったでしょ?と言われる久美子の焦ったような様...... [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 TokyoMX(12/28)#13終 (ぬる~くまったりと)
最終回 第13話 はるさきエピローグ 3年生が引退して新体制となる吹奏楽部。部長は優子、副部長は夏紀。夏紀の副部長は、あすかの指名だった。在校生だけの演奏は、完全に音の厚みが足りない事が分かる。新入生の勧誘に力を入れたいと決意する優子。滝先生も、その練習を聞いて愕然とする。松本顧問は、これが学生の良さだと告げる。毎年、新たな気持で指導できる。 久美子は、もやもやする気持ちの真意が分からなかった。葉月と緑は久美子と修一をプッシュする。葵とあすかに出会う久美子。何か言いたいが言葉が出ない。1人で練習して... [続きを読む]

» 響け♪ユーフォニアム2 最終回「はるさきエピローグ」 (MAGI☆の日記)
響け♪ユーフォニアム2の第13話を見ました。 最終回 はるさきエピローグ 3年生が引退し、優子が新部長、夏紀が新副部長となって新体制となった吹奏楽部は新しくスタートを切ったものの、人数が減ったことで音の厚みがまるでないことが明らかな中、久美子/font>は一人モヤモヤとしていた。 それが何故なのかを考えていると、久美子/font>が全国大会前夜に秀一から何かを貰ったこと...... [続きを読む]

» じゃあ言わない/響け!ユーフォニアム2 13話感想 (Wisp-Blog)
 声にしなくとも伝わる、その音の温かさ。 [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 #13 (日々の記録)
「響け!ユーフォニアム2」も、ついに完結です!(;_;) 全国大会が終わり、3年生は部活から引退しました。そんな中、久美子はもやもやとした気持ちを抱えていました。 ずっとお姉さんに伝えたかった思いを伝えたこと、そんなお姉さんの姿とあすか先輩の姿が重なります。 そして、引退した3年生に代わる新たな部長や副部長が選出されました。部長はなんと、香織先輩ラブのリボンちゃんこと、優子です...... [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 第十三回「はるさきエピローグ」[終] (パンがなければイナゴを食べればいいじゃない)
評価 ★★ だってこれは、愛の告白だから         [続きを読む]

» 響け! ユーフォニアム2 第13話 「はるさきエピローグ」 感想 (キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記)
タイトル回収! [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 #13 「はるさきエピローグ」 <終> (ゆる本 blog)
最後に久美子に託すシーンは泣いた。 「響け!ユーフォニアム2」の最終話。 麗奈の告白、全国大会の結果、三年生達の引退、久美子の姉との和解。 そして北宇治高校吹奏楽部はなかなか賑やかになりそうな新部長の優子、 新副部長の夏紀が三年生達から推薦されて新体制となる。 しかし人数が減った以上の戦力ダウンに驚く優子。 また最初から作り上げることに不安を感じながらも教職者としては醍醐味で...... [続きを読む]

» アニメ感想 16/12/28(水) #響け!ユーフォニアム2 第13話(終) (ニコパクブログ7号館)
響け!ユーフォニアム2 第13話『はるさきエピローグ』(終)今回は・・・コンクールが終わったということで、3年生は引退ですか。主力だったメンバーがごっそりと抜けちゃうんです ... [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 第13話(終) 『はるさきエピローグ』 新部長はデカリボン!そして去っていくあすかに久美子は...。 (こいさんの放送中アニメの感想)
新体制発足。部長が優子、副部長が夏紀。聞いてないんだけど!(ダチョウ倶楽部風)。夏紀就任はあすか先輩の希望だそうで。対照的な2人がツートップというのは悪くない。今年メンバーから漏れた夏紀を副部長にするというのは妙案。伸び悩んだり挫折しそうな部員にも目が行くだろうし。 やっぱり、薄い。演奏を聞いて3年生の抜けた穴は大きい、と感じる優子。あすかと香織が居ないとどうにもね。特にあすか。技術もさることながらユーフォ吹く人ってあまり居無さそうですし。 似たようなことは指導者側の滝... [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 第13話「はるさきエピローグ」(最終回) (のらりんすけっち)
全国大会終了、3年生引退。 新体制でスタートの北宇治高吹奏楽部。 役員も刷新です。部長と副部長は…大方の予想通りw 部長:吉川優子 副部長:中川夏紀 いろいろ不安要素もありますが(ぇ リボン&ポニテコンビにけってーい! やるときはやる二人ですのでたぶん大丈夫でしょう。 早くもじゃれあい漫才展開のおふたりさん。 リボンちゃんのこの顔www 部で3年生を送...... [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2 第十三話  『はるさきエピローグ』 (奥深くの密林)
北宇治高校吹奏楽部の部長は、ビックリボン先輩こと 吉川優子が就任。だいじょうぶかな? エコ贔屓しないかなぁ。 副部長は、中川夏紀。 増々心配だなぁ、 吉川優子と中川夏紀は、仲が悪くなかった? クーデターが起きそうな予感。 早速、壇上で一戦やらかしていますね。 そっか。そっか。 これは、田中あすかの仕業なのね。 田...... [続きを読む]

» 響け!ユーフォニアム2~第13話感想~ (ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「はるさきエピローグ」 新しい部長に優子、副部長は夏紀に決まった吹部。 3年生が引退し音がうすくなったと優子は感じていた。 久美子はあすかと葵に会う。 一緒に歩いていた秀一は先に帰ってしまい… 吹部の卒部会が行われる。 寸劇などを経て最後は吹部らしく演奏で送迎。 部長となった優子は金を必ず取ると誓った。 卒業式当日。 別れをおしむ..... [続きを読む]

コメント

原作をないがしろにすることなく、良い意味で「アニメはアニメ」って感じで良かったと思います。

原作で仮に続編的なものが作られたとしても、タイトルは変えてくるかもという気がします。

えたんだーるさん☆

>原作をないがしろにすることなく、良い意味で「アニメはアニメ」って感じで良かったと思います。
そうですよね。語弊がありますが、このラストはむしろ原作より良かった気もします。

>原作で仮に続編的なものが作られたとしても、タイトルは変えてくるかもという気がします。
『立華高校マーチングバンドへようこそ』がそんな感じですね。

伝わっているかもしれませんが、「タイトルを変えてくる」っていうのは、仮に久美子が進級した続編的なものが作られたとしてもってつもりで書きました。

立華編の上下巻もシリーズ作品ではありますが、あれとはまた少し違った意味合いですね。

逆に南中過去編とかも面白いかもしれませんが…。

えたんだーるです。

>伝わっているかもしれませんが
ん~、「ユーフォ」のシリーズというざっくりとしたイメージで捉えていました。

>立華編の上下巻もシリーズ作品ではありますが、あれとはまた少し違った意味合いですね。
まぁ、そもそもマーチングですからね。

>逆に南中過去編とかも面白いかもしれませんが…。
あぁ、それは絶対に面白いですね。
見たいなぁ。

コメントを投稿

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間