管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

藍麦の競馬ひょ〜ろん Feed

2006年10月22日 (日)

秋華賞&菊花賞まとコメ

秋華賞と菊花賞まとめてコメントです。

秋華賞の後にコメント書こうと思っていたのですが、あれあれという感じで、ディープインパクトの薬物騒動が持ち上がり、書き込み損ねてしまいました。
取り敢えず、ディープの次走は、ジャパンカップのようなので、そこで海外馬を負かしていただいて、名誉回復していただきましょう。

でも、アメリカ馬も日本ではラシックスを使わずに走るんだから、日本の関係者も、もっと注意しようよ。

秋華賞:
カワカミプリンセス、めちゃ強でしたね。

もともと、オークスのタイムとダービーのタイムの比較をしても、かなり強いオークス馬だと思っていましたが、今回の走りを見て、さらにその思いを強くしました。

一夏を越して、走りも変わってきました。頭が高かったのが直っていましたね。これなら、中距離で牡馬と勝負できるのではないでしょうか。
キングヘイロー産駒も最近調子良いようですし、今後に期待しましょう。希望としては、有馬でディープと対決してほしいなぁ。それぐらい強いと思っています。
スイープトウショウとダンスインザムードが出て来ないエリザベス女王杯では、負けるはずがないでしょう。

菊花賞:
ソングオブウィンドが勝って良かったですね。

エルコンドルパサーのラストクロップから、クラシック勝ちが出て、これで血が繋がりそうです。エルコンドルパサー産駒は、どうやら成長力に欠けるという評価ができつつあったので、それを覆してくれそうです。

ところで、メイショウサムソンですが、4コーナーで内側によれたのがまずかったです。馬がもう少し外側を回ろうとしているのを、ジョッキーが内側に押さえ込もうとしてよれた感じがしました。

あそこで勢いが少し落ちたのと、もっと外側を通っていれば外のドリームパスポートと一緒にもう少し伸びたのではないでしょうか。

石橋騎手がアドマイヤメインというか武豊が気になったのは分かりますが、サムソンを信じてスムーズな走りをさせていればと感じました。

さて、3歳牡馬・牝馬の3冠レースが終わったのですが、牝馬はかなりレベルが高そうです。でも、牡馬はどうでしょうね。去年が弱い世代だったような感じなので目立ちませんが、今年も強い世代ではなさそうです。

2006年5月28日 (日)

第73回東京優駿

日本ダービーです。

いや〜、やっぱり強かったですね。メイショウサムソン。
圧勝ではありませんが、完勝でした。
おかげさまで、本線で的中です。

予想は、投稿しておきましたがこの通り。馬連予想でしたので、楽勝でした。これで11.2倍はおいしい。

>◎メイショウサムソン
>○アドマイヤメイン
>▲マルカシェンク
>△フサイチジャンク
>×サクラメガワンダー
>×パッシングマーク

「メイショウサムソンは、テイエムオペラオークラス」と書きましたが、レースっぷりも含めてその通りになりました。テレビでレースを確認すると、石橋騎手は最後抑えていましたし。(でも、あれは早すぎたでしょう。そのあとアドマイヤメインに詰め寄られていましたし)

秋は、ドリームパスポートが相手ですかね。長距離で相手になるような馬がいないので、このまま2年連続3冠の可能性もあながち夢ではなくなってきた気がします。

しかし、マルカシェンクは出遅れ、サクラメガワンダーは前に行って掛かったとか理由がつきますが、フサイチジャンクはどうしたのでしょうか。やはり距離かな。

2006年5月26日 (金)

第73回東京優駿_予想編

日本ダービーです。

オークス的中ですといったのですが、予想を載せていなかったので、当たったことにならないとのご指摘。

ということで、ダービーは予想しておきます。

◎メイショウサムソン
ひょっとして、「テイエムオペラオー」クラスの馬かなとも思っています。これを本命にしたのは、前につけられるから。
逃げるアドマイヤメインと、後ろのサクラメがワンダー他の有力馬。両方を睨んで競馬できるので、軸にはいいだろうということ。重でも良さそうだし。

○アドマイヤメイン
ヤマタケゴールデンが除外になったので、単騎先行が間違いなさそうです。絡むとすればトーホウアランぐらいか。でも、勝ち目があると思う馬は無理に絡まないでしょう。

▲マルカシェンク
いかにも東京向きの馬。もしかしたら、最強かも。でも追い切りがイマイチだったからなぁ。

△フサイチジャンク
う〜ん、対抗にするつもりでしたが、外の奇数枠というのは本質中距離馬と思えるジャンクには不利でしょう。

×サクラメガワンダー
馬場が悪くなりそうなので、そうなら対抗にするかも。アドマイヤメインは、あまり上手いとは思えない。

×パッシングマーク
連勝で望むのは、アドマイヤメインとこの馬ですね。勢いを買うのと、ここいらでエルコンドルパサー産駒にGIを取ってほしいという希望から。

−アドマイヤムーン
距離的に、エンドスウィープ産駒が2400mのGIを勝つとは思えないのですが。皐月賞も最後競り負けていましたし。

−ドリームパスポート
四位なので、掲示板を拾いに来るか?

−ジャリスコライト
すごく怖いのですが、サムソンからでは手を広げられない。

−トーホウアラン
秋はこの馬という気がしますね。パッシングマークではなく、この馬にするかも。

ということで、今回は馬連で、メイショウサムソンから流し。
2−4、2−6、2−8、2−9、2−17

当たりますでしょか。

2006年5月22日 (月)

第67回 優駿牝馬

オークスですね。

やったぁ、的中ですね。horse
というか、カワカミプリンセスが無敗の女王ですね。
キングヘイローが好きだったので、とってもうれしいです。キングヘイロー自体が距離を問わない馬だったのですが、その産駒もそういう傾向があるようです。

どうも、頭が高い走法から短距離馬が多いと思われがちですが、ダンシングブレーブという血統からして、チャンピオンディスタンスで闘えないわけがないですよね。

これで、牡馬の活躍馬が出てくれば、ポストサンデーサイレンス戦線に殴り込みかな?

2006年5月20日 (土)

そろそろPOG

今週はオークス、次週はダービーで3歳戦線真っ盛りですが、早くもサラブレPOGが始まるようです。

今年のPOGは、惨敗でしたが今度こそという感じです。

ところで、今回の特徴は、よく言われますが「サンデーサイレンス」後というポイントですよね。サンデーサイレンスやエンドスイープなど超大物種牡馬が去年ラストクロップを迎え、それまで父サンデーサイレンスさえ抑えればという風潮だったものに変化が見えています。

でもやはり、ポイントはサンデーサイレンスでしょう。藍麦としてもそれには逆らえず、母父サンデーサイレンスか父父サンデーサイレンスを指名することになるでしょう。今のところ、また薔薇一族を狙っていますが...

2006年4月16日 (日)

第66回皐月賞

う〜ん、メイショウサムソンかぁ。

展開が思ったより落ち着いてしまいましたね。それにしては、有力どころが後ろに位置してしまったので、好位の馬の競馬になってしまいました。

それにしても、メイショウサムソンは、強い競馬をしましたね。確かにもっともロスのない競馬をしていましたから、展開が向いたとも言えなくはないですが。

ダービーですが、今回のレースををみているとアドマイヤムーンは、1800m位までの馬ではないかという感じなので、難しくなりました。武豊は、アドマイヤメインの方に乗るのではないかなぁ。メイショウサムソンやフサイチジャンクは、距離伸びても大丈夫そうですね。キャプテンベガは、ダービーに使わないような雰囲気なので、安藤勝はドリームパスポートに騎乗するのではないでしょうか。

こうなるとマルカシェンクの復活が気になるところです。

うちのPOGの子たちは、唯一勝ち星を上げているテューダーローズが今日も負けたので、出走は難しそうです。去年は、ローゼンクロイツとダンツキッチョウと2頭も重賞級がいたのになぁ。

2005年8月15日 (月)

POGしてますか?

2歳馬戦線も、最初の2歳重賞レース「函館2歳S」が終わって、にわかオーナーたちは一喜一憂というところでせうか。

念のため、POG(ペーパー・オーナー・ゲーム)を説明しておきましょう。仲間で集まって、デビューする2歳馬をドラフト指名してオーナーとなり、ダービーまでの自分の持ち馬の成績で勝ち負けを争うゲームです。

競走馬オーナーの気分が味わえて、最近では、馬券よりも盛り上がっているとか、いないとか。専門雑誌も出てますしね。

今年は、巷の噂では、ディープインパクトの全弟「オンフィア」、ベガの息子でアドマイヤベガの弟「キャプテンベガ」が圧倒的に人気があるようですね。

ということで、藍麦も指名しました。

1.テューダーローズ 
牡馬 (栗東)橋口
父:サンデーサイレンス 母:ロゼカラー
今年も懲りずに、バラ一族を指名です。(^_^;

2.ギュリル
牡馬 (栗東)池江郎
父:サンデーサイレンス 母:ゴールデンサッシュ
池江郎厩舎で選びました。

3.ティンクルハート
牝馬 (栗東)浜田厩舎?
父:サンデーサイレンス 母:ファレノプシス
サンデーサイレンスフィニッシュです。

さて、どうかな?

2005年5月29日 (日)

第72回 日本ダービー(その2)

第72回 日本ダービーは、もっぱらの予想通り(73.4%の支持率)にディープインパクトの圧勝でしたね。まさに、怪物級ですな。smile
あんな、大外をぶん回してぶっ千切ってしまうなんて、ナリタブライアン以来じゃないかな。上がり33.4秒は、二番目に早いニシノドコマデモの34.4秒より1秒も早い!しかも、あの入れ込みで。あとは、足が無事であることを祈るだけですな。

うちの子(ローゼンクロイツくんとダンツキッチョウくん)は、4コーナーでもう怪しかったけれど、レース自体は、どの馬も力を出してディープインパクトを負かしに行った非常にいいものでした。まぁ、若い馬たちなので、直線でちょっとごちゃついたのは、タイムも早かったのでお釣りがない状態でしょうから、仕方ないですが。特に、インティライミの佐藤哲が採ったタップダンスシチー戦法には、一瞬おっと思わされました。

しかし、13万人ですか。これで、競馬人気復活!となればいいですが。安田記念は、世界的な豪華メンバーだし。
(ただし、フラッシュ炊いて写真とるのと、騒ぐのはどうにかしてほしい。)

2005年5月28日 (土)

第72回 日本ダービー

いよいよ日本ダービーっす。
いや〜、わくわくしますね。smile

特に今年は、ペーパーオーナーとなっている馬が2頭も出走するので、力が入ります。しかも、結構人気しそうだし(化け物が一頭いますが)。ペーパーでこれだから、本当の馬主になったならどうなるんでしょうか。
んで、予想しておきますが、当然うちの子ローゼンクロイツくんとダンツキッチョウくんを応援します。

◎ ディープインパクト
○ ローゼンクロイツ
△ ダンツキッチョウ
× ブレーヴハート

大本命がいるので、印は絞ります。
ディープインパクトを絡めるとうまみがないので、ブレーヴハートを除いた3連単をボックスで。
どちらかというと、ローゼンクロイツくんが5番手ぐらいにつけられたときに期待が持てるかなと思ってます。

2005年4月18日 (月)

第64回皐月賞(GI)

皐月賞です。
桜花賞の投稿が飛んでますがごめんなさい。

しかし、ディープインパクト強かったですね。ゴール前抑えてましたから。あのまま抑えなければ、33秒台で上がっていたんでしょう。きちんと折り合っていたし、欠点らしいところがないですね。ダービーに向けての不安点というと馬体の細化ぐらいですか。初出走からずっと減ってますし。

うちの子ローゼンクロイツくんは、全然だめでした。パドックから入れ込んで様子が変だったし。shockダービーで巻き返してくれるだろうか?後一頭のダンツキッチョウくんの方に期待した方がいいかも。

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間