管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

アニメ[あ]◆エレメンタルジェレイド(アニメ・コミック) Feed

2010年3月 7日 (日)

「EREMENTAR GERAD XVIII」東まゆみ

E 「EREMENTAR GERAD XVIII」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:978-4861276682

原作マンガ版、エレメンタルジェレイドの最終18巻の特装版は、前の17巻に続きドラマCDが付きます。再び水樹さんのシスカ先輩に会えるのは嬉しいですね。え?1290円?前の1800円との違いはなんなんだ。

ということで、長く続いたエレメンタルジェレイドもこの18巻で終了です。とは言っても「紅」が終わっただけで、蒼は続くんですけれどね。「蒼空の戦旗」6巻も同時発売です。

で、表紙は最終巻らしくレンとクーです。ひとまず感想行きます。

続きを読む »

2009年9月12日 (土)

「EREMENTAR GERAD XVII」東まゆみ

E 「EREMENTAR GERAD XVII」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:978-4861276347

エレメンタルジェレイドコミックスの最新17巻の限定版は、なんとドラマCDが付きます。1800円はお高いけれど、水樹さんのシスカ先輩の新作を聞けるのは嬉しいですね。

ところで、新刊の帯に衝撃の事実が。赤は次巻の18巻で終了とのことです。まぁ、もうそろそろ終わるかなとは、この前の記事にも書きましたが、本当に終わると寂しいですね。

で、表紙は、オルハですか。まだ良く分からないエディルガーデンメンバーですね。

続きを読む »

2009年3月14日 (土)

「EREMENTAR GERAD XVI」東まゆみ

E 「EREMENTAR GERAD XVI」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:978-4-86127-601-9

うう、限定版買い損ねた。

いよいよ、クーとレンも「煌珠楽園(エディルガーデン)」に到着です。長く続いてきた「EREMENTAR GERAD」も大詰めという感じでしょうか。

「紅」は「蒼」の2年前の時代の物語なので、あまり引きずっていると、時代が「蒼」に追いついてしまうので、もうそろそろ終わりなんでしょうが、「蒼」の世界を読んでしまっていると、ラストは...って感じですね。

表紙は、「玉翠(ユイツェイ)」ですか。ずいぶん久しぶりですね。

続きを読む »

2008年9月13日 (土)

「EREMENTAR GERAD XV」東まゆみ

E 「EREMENTAR GERAD XV」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:978-4-86127-529-6

さて、エディルガーデンを目前にして、レンちゃんとクーはシスカ先輩たちと別行動を採らざるを得なくなってしまったのですが、みんな大丈夫でしょうか?

なんだか唐突にエディルガーデン決戦になりそうな気もしますが、続きを読んでみましょうか。

表紙は、今回登場のシアさんですね。キーパーソンのようです。

ということで、「エレメンタルジェレイド」15巻です。

続きを読む »

2008年3月27日 (木)

「EREMENTAR GERAD XIV」東まゆみ

Ykfgk9ol 「EREMENTAR GERAD XIV」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:4861274532

今回は、紅と蒼(蒼空の戦旗)の同時発売ですか。初めてだっけ?
さて、いよいよエディルガーデンも近づいて来て、物語も佳境に入ってくるはずなのですがどうでしょうか。
表紙は、今回正体が明らかになるバーグレットですね。

ということで、紅だけでごめんなさいの「エレメンタルジェレイド」14巻です。

続きを読む »

2007年9月13日 (木)

「EREMENTAR GERAD XIII」東まゆみ

Avuepptl 「EREMENTAR GERAD XIII」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:978-4-86127-420-6

しまった。限定版もあったのかぁ。
ついつい、通常版を買ってしまいましたよ(涙)。

表紙はパールですね。アニメ版では結局いい人になっていたような気がしましたが、原作では...。
ということで(笑)、なかなか進まない、「エレメンタルジェレイド」13巻です。

続きを読む »

2007年3月 8日 (木)

「EREMENTAR GERAD XII」東まゆみ

Zcozgmo9 「EREMENTAR GERAD(エレメンタル・ジェレイド) XII」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:4-86127-350-1

表紙画像は限定版です。表紙はロンブルくんですね。なかなかのキャラだったのに勿体ない(笑)。
今回は、蒼空の戦旗と同時発売です。嬉しい限りですね。
ところで、どうして限定版の缶バッチにシスカ先輩がないですか?クーなんていらないのに(爆)。

続きを読む »

2006年9月14日 (木)

「EREMENTAR GERAD XI」東まゆみ

D48kydsu 「EREMENTAR GERAD(エレメンタル・ジェレイド) XI」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:4-86127-310-2

ということで、おや?10巻のレビューを書くのを忘れていますね(汗)。
ということで(笑)、なかなか進まない、このまま行ったなら20巻は優に超えそうな「エレメンタルジェレイド」11巻です。

続きを読む »

2005年9月27日 (火)

エレメンタルジェレイド「天空と未来の謳」

エレメンタルジェレイド「天空と未来の謳」です。
2crsj4st
いや〜、最終回だからということもありますが、作画目茶きれいでしたね。アクションシーンもばしばし決まっていたし。もっと前からこんなアクションシーン見たかったな。


ということで、もういいかとも思うけれど、あらすじです。wink
レンとリアクトしたオーファスたちカオスクワィヤの三人。

シスカ先輩クーたちは、カオスクワィヤたちだけを攻撃してリアクトを解こうとするが、歯が立たない。

追い詰められたシスカ先輩は、カオスクワィヤたちを説得しようとする。しかし、オーファスの「だったら何故アークエイルがあるのです!」という言葉に反論できない。

その苦境を断ち切ったのは、「レンがレンだから好きなんだ」とレンへの想いだけで動いたクーであった。

体に残るイヴの意識の力を借りて、古の謳を謳うクー。

その謳によってすべてのエレメンタルジェレイドのリアクトは解ける。それを見たオーファスたちは、ガーディアンとの共存の可能性を見いだし戦いをやめる。

エディルガーデンは、静かに地上に戻り、ガーディアンとエディルレイドの共存の歴史が始まるのであった。

そして、クーとレンは...』

久しぶりにお見事な最終回でした。もちろん、使い切れない伏線やご都合主義的なところもありますが、少年と少女の物語としては、こういうハッピーエンドが似合っています。smile きれいにまとまっていたとも思います。

シスカ先輩とオーファスの議論は、大人の都合。どちらも正しく、どちらも正しくない。結論なんて出ない。それを「レンがレンだから好きなんだ」で打ち破るのはありがちですが、最近になく真っ向振りかぶった演出で好感が持てました。それを「クーがクーだから」でレンが返すのも良かったです。smile

で、なんといってもシスカ先輩が活躍してくれたのがうれしい。lovely最後の最後で、ずっとアークエイルとしていることに悩んでいたことに結論が出たのもよかったですし。Aパートの終わりもBパートのナレーションもシスカ先輩でした。やっぱり彼女は主人公の一人ですね。smile 願わくば、フィロにも生き返ってほしかったけれど、そこまで行くと行き過ぎですね。

でも、やっぱり主人公はクーとレンでした。最後のレンの台詞に全部持っていかれてしまいましたから。smile
Iicf3j2r

「息..できるかな」

あ、キャプチャーでシスカ先輩とフィロ以外初めて使った

2005年9月20日 (火)

エレメンタルジェレイド「混沌の礼讃謳」

Cpiaprnt エレメンタルジェレイド「混沌の礼讃謳(カオスクァイア)」です。

まぁこれぐらいの作画ならば許せますか。Aパートには怪しいところもありましたが、Bパートは安定してましたしね。一番きれいだったのは、次回予告かな。期待、期待。


さて、あらすじはこんな感じ。
『リアクトしたオーファスたちカオスクァイア幹部の一撃で、呆気なく死んでしまったクー

障害がなくなったオーファスたちは、レンを女王にする儀式を行う。

一方、シスカ先輩たちは、カオスクァイアの野望を阻止しようとレンを封印することにする。

そのとき現れたのは、イヴに新たな命をもらったクーだった。

クーは、カオスクァイアもアークエイルも関係なく、レンを救おうとする。その想いが通じたのか、レンが目を覚ます。このままレンを操ることが無理だと判断したオーファスは、最後の作戦に打って出る。それは...』

うん、いいですね。夕方6時のアニメってこうですよね。変な小理屈を捏ねて破綻するアニメより、レンを救いたいっていう気持ちを世界を救うことより優先して突っ走るクー、この方が断然いい。(どのアニメを指しているかは自明wink

レンの周りの障壁があるのに、シスカ先輩が封印しようとしたときは邪魔をしようとし、クーのときには放っておくオーファスなんて矛盾も気にならない。

後は、最後にシスカ先輩が活躍してくれればいいのだけれど。でも、次回予告を見るとその心配も杞憂に終わりそう。クーの復活が予想通りだったし、何となくみんなが予測するところに落ち着く大団円っぽい感じ。smile

まぁ、欲を言えば、最後くらい原作並のアクションシーンをお願いってぐらいですか。shock

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間