管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

アニメ[は]◆バンブーブレード Feed

2010年12月 6日 (月)

「BAMBOO BLADE」(14)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり★★★☆☆

B 「BAMBOO BLADE」(14)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり
スクウェア・エニックス(ヤングガンガンコミックス) ISBN:    978-4757530744

ちょっと遅くなりましたが、いよいよバンブーブレードの最終巻です。ここしばらくどうも面白くないという評判でしたが、最後はどうしめてくれるのでしょうか?

自分は、「バニッシュ学園」編というか「剣道小町」編になって、ちょっと面白さが戻ってきたかなっていう立場(?)だったんですが、それは最後にウラやエリナと試合をしてくれると思ってのことですがどうなんでしょう。

で、表紙は、最終巻らしく川添 珠姫、タマちゃんですね。

続きを読む »

2010年5月27日 (木)

「BAMBOO BLADE」(13)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり★★★☆☆

B 「BAMBOO BLADE」(13)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり
スクウェア・エニックス(ヤングガンガンコミックス) ISBN:978-4757528802

最近は、ひょっとすると『BAMBOO BLADE B』の方が人気があるのかも、なんて気がする「バンブーブレード」です。もう、13巻ですね。

「剣道小町」編になって、ちょっと面白さが戻ってきたかなって感じがしますが、長く迷走していた感じがします。「剣道小町」はどう進めるんでしょうね?メンバーを揃えてきているので、トーナメントって感じで試合をしていくのでしょうか?となると榊 心(ウラ)の暴走をどう抑えるかですが、タマちゃんが打ちのめして目が覚めるっていう展開でしょうか?

で、表紙は、沢宮 エリナちゃんですね。

続きを読む »

2009年11月25日 (水)

「BAMBOO BLADE」(12)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり★★★☆☆

B 「BAMBOO BLADE」(12)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり
スクウェア・エニックス(ヤングガンガンコミックス) ISBN:978-4757527300

あれれれ?11巻の感想を書いていないなぁ。う~ん、どうしたんだっけ。確かに11巻は、自分的には全然面白くなかった記憶がありますが。そのためかな?

ひとまず、この剣道小町のエピソードが、バンブーブレードのラストエピソードらしいので、どうにか盛り返して欲しいところですがどうでしょう。

最近は、高校生女子剣道といえば、誉田 哲也さんの「武士道シックスティーン」が目立っていますが、あれぐらいの面白さになればよいですが。まぁ傾向が違うといえばそうかもしれませんけれどね。

続きを読む »

2009年2月 1日 (日)

「BAMBOO BLADE」(10)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり

B 「BAMBOO BLADE」(10)原作:土塚理弘 作画:五十嵐あぐり
スクウェア・エニックス(ヤングガンガンコミックス) ISBN:978-4-7575-2477-4

遅くなりましたが、やっと読みました。

1週間以上も前に買ったのに、持ってくるのを忘れていていたんですよ。これだから単身赴任は困りものですね。って、困るのはそんなところじゃないだろう。(汗)

ということで、遅くなっちゃったので、軽くだけ感想行っておきます。

続きを読む »

2008年4月 2日 (水)

バンブーブレード「“それから”と“これから”」

Mvw_1r7j バンブーブレード「“それから”と“これから”」です。

バンブーブレードも面白かったのですが、なにしろARIAと前後する時間帯というのが悪かった。ということで、ARIAを優先して遅くなりましたが、いよいよ最終回です。虎侍せんせはどうなるのでしょう。

バンブーブレード26話(最終回)です。


感想:
やるんじゃないかと思っていたのですが、やっぱり来ましたか。
最終回になってあの方「榊 心(うら)」の登場ですか。鈴木 凜と会話していましたが、一応以前対戦している設定ですからね。
ということで、完全に二期フラグですね。岩堀 猛までちらっと出てきましたし。

しかし、タマちゃんたちが二年になって、しかも虎侍せんせの問題が解決してしまっているので、原作とどう整合性をとるかが問題ですか。

さて、最終回ですが、やはりタマちゃんが主役ではなく、室江高校剣道部が主役という感じでした。最後を除いて。みんな楽しそうに剣道をしていますね。いい感じです。

しかし、この先剣道部が強くなっていくとどうなるんでしょうか。小西さんは、エンディングに雰囲気が変わって出てきましたが、このまま楽しい剣道を続けられるんでしょうか?そこが見てみたい気もします。

ということで、二期を楽しみに待ちますか。
あのラストからすると、二期があれば室江高校剣道部ではなく、タマちゃんが主役になりそうですけれど。

しかし、ARIAといい、バンブーブレードといい、深夜でない時間にやって欲しいアニメだよなァ。

[言及リンク]
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-613.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-194.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-263.html
http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-283.html

2008年3月26日 (水)

バンブーブレード「剣道とそれがもたらすもの」

Haflekjo バンブーブレード「剣道とそれがもたらすもの」です。

さて、いよいよ大詰めです。
立ち直った剣道部が大会に出場するようです。やっぱり剣道アニメとしては、試合がないと締まりませんからね。
タマちゃんは、鈴木 凜に勝利できるのでしょうか。

ということで、バンブーブレード第25話行きましょう。


感想:
タマちゃんの一回戦は、さとりんですか。しかしなんですね。さとりんは、最後までまともに剣道をさせてもらえませんでした。タマちゃんに続く実力者のはずなんですが(苦笑)。

ということで、全体にやはりタマちゃんとミヤミヤの試合が中心で進んでいきました。

本来は、室江高校剣道部の最後の試合なのですから、もっとキリノが目立っても良かったのでしょうが、ダンくんの試合というか勇次くんの描写もあって時間が足りませんでした。
まぁ、あと一回ありますので、剣道部全体は、そこで描写されるのでしょうね。

で、タマちゃんです。
鈴木 凜との決戦ですが、初心にかえって闘うというのは、スポ根ものの王道って感じで好きです。上段を使って対抗したらいやだなと思っていたので、このシーンはよかったです。なかなか見応えがありました。もう少しじっくり見たかった感じではありましたが。

ただ、勝負手が「突き」というのは、最初はいただけないなと思いました。「アトミックファイヤーブレード」だと思ったもんで。
やっぱり「面」で決めてほしかったのですが、勇次くんのあれは「突き」だというので納得しました。あのセリフはよかったです。剣道が好きになったというタマちゃんのセリフも。

ということで、次週は最終回。石田虎侍せんせの行く末が気になりますが、原作でも決着が付いていないはずなので、うやむやになるのかな?まだ8巻を読んでいないのでハッキリしませんが。
最後はバンブーらしい、楽しい部活で終わるんでしょうね。

[言及リンク]
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-254.html
http://freeandunrestrained.blog99.fc2.com/blog-entry-1359.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-604.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-183.html

2008年3月18日 (火)

バンブーブレード「剣と道」

Feczdl3g バンブーブレード「剣と道」です。

先週は、「これがバンブーブレード?」って感じのシリアス展開でしたが、今週はどうなるんでしょうね。
まぁ、これで最後まで行くわけがないので、今週でケリをつけて一歩階段を昇るって感じなのでしょうが。鍵は勇次くんですか。

ということで、バンブーブレード第24話行きましょう。

感想:
予想通りと言えばそのままですが、青春ドラマの王道展開でした。なんと、音楽まで(笑)。

それはさておき、タマちゃんの立ち直りが負けたことを認めることから始まるというのは思っていたよりよかったです。
負ける自分に価値はないんだという、試合で虎侍せんせが心配していた部分ともリンクして綺麗に腑に落ちました。

しかし、ミヤミヤの努力しても意味がないっていうのは、逃げたいときについ使ってしまう言い訳ですよね。どうせ自分なんかというのも。そこから自分を追い込むのは非常に難しいと思うのですが、追い込める人が強い人なんでしょう。
自分は弱い人間です(苦笑)。

ところで、今週の主役は外山も含め室江高校剣道部でした。
剣を置くもの、道を究めようとするもの、どちらも室江高校剣同部員には違いないって感じでしょうか。
個人的には、やっぱり主役はタマちゃんであってほしいのですが(汗)。
そういえば、タマちゃんとこの直後の放送のARIAのアリスちゃんのCVはどちらも広橋涼さんだなぁ。

ところで、結局キリノは、自分が責任を被るのをやめた後どう決断していたのでしょう。気になるなぁ。

次週は、ひょっとして、もう次の試合ですかぁ?
虎侍せんせの処遇に最後はケリが付くのかなぁ。

[言及リンク]
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-172.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-680.html
http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-262.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-594.html

2008年3月12日 (水)

バンブーブレード「嘘と沈黙」

Osfcycch バンブーブレード「嘘と沈黙」です。

さて、バンブーブレードもますます残り少なくなってきました。
先週は、タマちゃんと鈴木凜に完敗するというショッキングな内容でしたが、今週はどうなるのでしょうか?「嘘と沈黙」というと、エバを思い出したりするんですが。

ということで、バンブーブレード第23話行きましょう。


感想:
バンブーブレード始まって以来のシリアス回でした。
ほとんどギャグなし。
それほど、先週のタマちゃん敗戦と、外山のお前にコンティニュー事件は重大だったということですね。あ、あとキャリーもか。

でも、やっぱりシリアスやるなら、剣道の試合でやってほしかった。剣道以外の部分でシリアスをやっても、重くなるだけで、今一つ面白くないです。剣道を嫌いになるタマちゃんとミヤミヤを見るのもいやだし。

しかし、こうして見ると、バンブーブレードは、石田虎侍せんせと室江高校剣道部が主役ですね。タマちゃんではなくて。
個人的には、タマちゃんを主役にしてもっと掘り下げて欲しい気もしますが。

剣道部が主役ということは、必然的にキリノへ重心が掛かってくるので、彼女にスポットがあたるのは当然でしょう。
次週、キリノがどう決断するのか、非常に気になります。

剣道部が復活して、もう一度試合があるんでしょうか。
タマちゃんとミヤミヤの復活を考えると、試合があるべきだとは思いますが。

[言及リンク]
http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-251.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-159.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-587.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-238.html

2008年3月 5日 (水)

バンブーブレード「敗者と勝者」

9imyswsz バンブーブレード「敗者と勝者」です。

さて、バンブーブレードも残り少なくなってきました。
26話として後5話ですか。とか言っているうちにいきなり関東大会開催のようです。
意味深なサブタイですが、どうなるのでしょうか?

ということで、バンブーブレード第22話行きましょう。


感想:
いきなり来ましたね〜。

当初は、今週は、キャリー西川とミヤミヤの再戦をやって、次週で町戸高との再戦、次々週位で鈴木 凜との決戦で、のんべんだらりとした話を挟んで最後にあの方を登場させて二期への期待を持たせて終わり〜。なんて予想をしていたんですが、大外れでした。

ここでいきなり鈴木 凜との決戦が来るということは、多分タマちゃん負けちゃうんだろうなとは思いましたが、あんなに簡単に完膚無きまでに叩きのめされるとは思いませんでした。

大方の原作ファンがそうであるように、かなりショックです。はい。やっぱり、タマちゃんのライバルは、あの方だと思っていましたので。まぁ、原作漫画のこの先がどうなるかは分かりませんが。

タマちゃんが苦戦するシチュエーションとしては、相手が上段使いだと思っていましたが、それは正解。ただ、女性の上段は腕力の関係もあるのか余り技を取ってもらえないらしいので(太刀筋がぶれるから?)、ちょっとどうかなとも思いましたが、先週の鈴木 凜が男性に引けをとらないほどの背格好だという伏線が張られていました(多分)。だからOK?

さて、タマちゃん負けちゃったわけですが、団体戦ですね。ミヤミヤも完敗して、この雰囲気だと、個人戦での再戦が望めそうです。負けることで、向上心とかもっと強くなりたいとか、心の弱さとかを克服して、勝利するという展開でしょうか。

とはいえ、今週のように作画にばらつきがあるのは勘弁してほしいなぁ。せめて、タマちゃんの剣道シーンに作画がいいスタッフを持ってきて欲しい。

ところで、コンティニューくんは、何の伏線でしょう?剣道部やめていなくて、大会辞退なんて展開になるといやだなぁ。

[言及リンク]
http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-240.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-147.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-232.html

2008年2月27日 (水)

バンブーブレード「川添珠姫と鈴木凛」

2oyybpo7 バンブーブレード「川添珠姫と鈴木凛」です。

アニメオリジナル編の3週目です。
どうやら、オリジナル編は、ミヤミヤとキャリー西川、タマちゃんと鈴木凛というライバル関係を中心にストーリーが進むようですね。

ということで、バンブーブレード第21話行きましょう。


感想:
今週は、先週に続いてタマちゃんと鈴木凛のライバル関係と友情の芽生えを見せる回でした。

しかし、これだけブレーバーネタを続けられると正直少し飽きますね。鈴木凛と竹刀を交えるシーンがなければ、つまんね〜と思ったかもしれません。
そのシーンは、作画に力が入っていて、なかなか良かったです。やっぱり剣道アニメですよね(汗)。

あの鈴木凛の負けたことがないから弱い発言は、タマちゃんの敗戦を意味するのでしょうか?原作のライバルのあの方が出る前に負けることはないとは思いますが、鈴木凛自体も原作では、関東の強豪として紹介されているようなので、余談を許さないです。

それはさておき、タマちゃんの出演シーン面白かったです。
「た〜す〜け〜て〜」には笑った。相変わらず、竹刀を持たないときは、結構へたれなタマちゃん、いいですねぇ。
次回予告も良かったです。タマちゃんの次回予告は、これで終わりかな?

次回は「敗者と勝者」
関東大会やるようですね。
町戸高校も出るようですが、次回予告を見ると一回戦はキャリー西川との決戦のようですね。となると、このサブタイが指す敗者は、ミヤミヤ?

[言及リンク]
http://tsukihika.blog121.fc2.com/blog-entry-229.html


アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間