管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

アニメ[は]◆ふしぎ星の☆ふたご姫(完) Feed

2007年3月31日 (土)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「鳴りひびけ!☆平和のベル」

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「鳴りひびけ!☆平和のベル」です。

Tjczyn7h
もう感動的な最終回でした。
感動しすぎて何を書こうかずいぶん迷ってしまいました。
色々考えたのですが、やっぱりふたご姫らしく飾らずいつも通りに行きます。キャプチャだけおまけして。

では最終回感想行きます。

あらすじ:
グランドユニバーサルプリンセスの魔法とプロミネンスの合体攻撃をも打ち破ったブラッククリスタルキング。ブラッククリスタルキングは、プリンセススワン姫を長い孤独の状態にさせ、その苦しみから生まれた憎しみを取り込んだブラッククリスタルキングは、全宇宙のハッピーを食いつくせるほどに強力になっていました。

エドワルドとスワン姫の仲を裂くという卑劣な手段に怒ったビビンちゃんは、ブラッククリスタルキングを攻撃しますが、逆にやられそうになります。それを救ったのは、なんとエドちんでした。

「なぜかお前を守りたかった」

最高にカッコいいセリフを残して、エドちんはブラッククリスタルキングに食べられてしまいます。

Olsr4sdn これでさらに怒りを増したレインちゃんファインちゃんは、ブラッククリスタルキングとの戦いを続けます。しかし、グランドユニバーサルプリンセスの魔法も通じず、苦戦を余儀なくされます。


そして、遂には二人ともブラッククリスタルキングに捕まり、ハッピーを直接吸収され始めます。このままハッピーパワーを吸い尽くされれば、ふた姫は二度と笑顔を見せることもなくなります。





Wm2ur90b

ハッピーパワーを吸収して巨大化するブラッククリスタルキング、そして変身が解けるふた姫。そんな様子を見ていることしかできない仲間たちは苦しみます。そんな時、ミルロが応援の歌を口ずさみます。

ふた姫を応援しようという気持ちはみんな同じです。歌声はどんどん広がり、みんなが合唱をします。すると、その歌声を切っ掛けに、プロミネンスが復活したではありませんか。しかも、どんどん増えていきます。

そのプロミネンスの光は、ブラッククリスタルキングのドームを突き抜け、ふた姫を照らします。そして、ふた姫は、パワーアップしたグランドユニバーサルプリンセスになるのでした。



Suakhi7x

「宇宙に大いなる祝福を。ハッピーを取り戻せ!」

グランドユニバーサルプリンセスの力と、みんなの歌声を集めたプロミネンスの力がブラッククリスタルキングに降り注がれます。
さらに、ピュピュとキュキュをもパワーアップし、ついにドームを消し去ります。
Ypttck_k

ブラッククリスタルキングも吸い込みパワーMAXで、ハッピーパワーを吸収し対抗します。その凶悪な力の前に、ふた姫の力も尽きたと思われました。しかし、ブラッククリスタルキングの力も限界でした。ハッピーを吸いすぎたブラッククリスタルキングは遂に滅んだのでした。







事件はすべて終わったように思われましたが、なんだか変です。レインちゃんとファインちゃんに笑顔がありません。そうハッピーパワーを吸い尽くされてしまったのです。
Iqxmk1hz でも、ブラッククリスタルキングから溢れ出たハッピーの雪を浴びて、ふた姫にも笑顔が戻るのでした。

そして、食べられしまったはずのエドちんとスワン姫は、結ばれて元の王子と姫の一枚の絵に戻ります。ビビンちゃんも寂しいけれど嬉しそう。





平和になったロイヤルワンダー学園に学園長先生の声が響きます。学園長先生の正体は、何とソレイユ・ベルの意志だったのです。

W3fqia1r



最後に、エリザベータ様主催の平和をお祝いするパーティが開かれます。みんなそれぞれ想いの人とダンスをして嬉しそうです。

そして、エドちんとビビンちゃんに荒らされた学園の花壇に、ハッピーフラワーの花が満開に咲き乱れます。

めでたしめでたし。

感想:
もうすごいクォリティですね。絵は綺麗で、構図もスケールが大きくて、横溝ルパンさんも書いておられましたが、そのまま劇場に掛けてもいいような出来でした。特に、レインちゃんとファインちゃんがプロミネンスの光で復活する部分、ドームに光が差し込む辺りからが綺麗でした。

ストーリーも、もう感動ものでした。
無印の最終回も良かったですが、こちらの最終回の方がいいですね。
無印は、みんなの力でブラッククリスタルを倒せずに、プーモを犠牲にして勝利する形でした。
でも、今回は、ふた姫の力では倒せずに、みんなと力を併せて勝利するという内容で、まさにお友達計画の集大成になっていました。

それを彩ったのがあの歌ですね。
最初ミルロが歌いだしたときに、もう後の展開は見えたのですが、ミルロが歌いだすところがとても自然で、すっと感情が乗っていきました。
その後は、もう演技かどうかは分かりませんが、仲間たちがみんな自分の声で涙を流しながら歌う、泥臭いとも言えますが、最高の場面でした。もう涙なしにはとても見れません(涙)。これを書くために見直してもうるうる来てしまいます(滝涙)。
大人たちは、くさいとか恥ずかしいとか言ってしまいそうですが、子供たちはきっと感動してくれているのではないかなぁ。

2年間続いたわけで、間に波はありましたが、非常に素晴らしい作品だったと思います。

あぁ、もう何を書いているのか分かりませんが、とにかくレインちゃんとファインちゃん長い間ありがとう。

2007年3月26日 (月)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「届け!☆奇跡のプロミネンス」

Sxgx5qfo ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「届け!☆奇跡のプロミネンス」です。

残すところあと2話。
気合を込めてレポートをと行きたいところですが、やはり年度末やら、春休みやらでうまく時間が作れません。

ちょっと遅れましたが、感想行きます。


あらすじ:
レインちゃんファインちゃんは、みんなの身代わりになって、ブラッククリスタルキングに捕まります。でも、それを利用して、ブラッククリスタルキングの弱点を探しますが、なかなかうまく行きません。それどころか、ハッピーパワーをどんどん吸い取られてしまいます。

そんな二人のピンチをみかねて、おひさまの国がロイヤルワンダー学園にやってきました。オメンドが秘密裏に開発した力を活用したようです。しかも、プロミネンスの力と、グランドユニバーサルプリンセスの魔法の力を同時に使えば、ブラッククリスタルキングを倒せるかも知れないと判ります。

ふた姫が魔法の力を使うように仕向けるため、ビビンちゃんとエドちんが、ブラッククリスタルキングに従うふりをして、ドームの中に潜り込みます。

しかも、ビビンちゃんもぐりこむだけではなく、ブラッククリスタルキングの弱点が、ソレイユ・ベルに取り憑いたブラッククリスタルのコアだということまで、探り出してしまいます。

今がチャンスと、ふた姫はグランドユニバーサルプリンセスの力を使い、さらにおひさまの国はプロミネンスの力を発射します。ついに、ブラッククリスタルキングもここまでか、と思われたのですが、プロミネンスの力が尽き、形勢は逆転してしまいます。

そして、ブラッククリスタルキングが使って来た、アンハッピーを蓄積した秘密兵器はなんと、「プリンセス・スワン」の絵だったのです。

感想:
今回は、Gyu!の集大成ってところですか、ビビンちゃんとエドちん(?)が大活躍の回でした。ついでにプーモも(笑)。

作画もそこそこですし、ふた姫のだめだめっぷりと、でも彼女たちを信じるふしぎ星の面々という比較が、いい感じでした。

もう一つ、ブラッククリスタルキングのふた姫らしい、ちょっとお間抜けがあるラスボスっぷりもいいですね。

さて、ビビンちゃんは今週活躍したので、次週の最終回は、やはりふた姫が活躍して締めて欲しいです。予想通りスワンさんが出てきましたが、あれは今週中にクリアしておいて欲しかったなぁ。最後は、ふた姫とふしぎ星の面々で解決というのが希望です。

どちらにしても、無印のラストはそれはいい出来だったので、あれに負けないラストをお願いしたいです。

これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

2007年3月18日 (日)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ブラッククリスタルキング登場☆学園の危機」

Fxal3wpb ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ブラッククリスタルキング登場☆学園の危機」です。

いよいよ、終わりが近づいてきました。
無印のラストも素晴らしい盛り上がりだったので、きっと今回も上手く盛り上げてまとめてくれると期待していますが、どうでしょうか。
お願いしますよ佐藤監督!


あらすじ:
ブラッククリスタルキングを倒したと、レインちゃんファインちゃんは一安心し、ブラック学園長をお見舞いします。

ブラック学園は、元々はホワイト学園という名前だったのですが、ブラッククリスタルキングに洗脳されて、いつの間にか手先になっていたのでした。でも、前回その洗脳は解かれて学園長もビビンちゃんもトモダチになれたのでした。

そうすると残りはエドちんですね。エドちんが愛するプリンセス・スワンの絵は、どうやらブラック星にあるようです。ふた姫は、エドちんのために絵を取り戻そうと、ブラック星に行くことにします。

でも、その間もなく、ブラッククリスタルキングが、ブラック星ごと、ロイヤルワンダー学園へやってきました。今までは、ハッピーの力を蓄えることで、ブラック星に対抗できていたようですが、エドちんやトーマくんの騒ぎでハッピーを蓄えられず、逆にブラッククリスタルキングが力を蓄えたようです。

ふた姫は、ロイヤルワンダー学園長にヒントを貰おうとしますが、途中で通信が途絶え、ヒントを貰えません。

グランドユニバーサルプリンセスに変身して対抗しようとするふた姫でしたが、ブラッククリスタルキングの力は圧倒的で、二人の魔法も跳ね返されてしまいます。

この事態を知ったおひさまの国では、パパさんとママさんが心配そうです。オメンドには何か考えがあるようですが。

その間に次々と仲間たちがブラッククリスタルキングの分身のアンハッピーフルーツに食べられてしまいます。ふた姫はついに切り札光の祝福の力を使いますが、それさえも吸い取って逆に力にしてしまいます。
危機一髪のふた姫ですが、トーマくんが身を挺して二人を救います。

一時退却したふた姫にブラッククリスタルキングは、アンハッピーフルーツに取り込んだ人質の生徒たちと、ふた姫を交換するように要求します。

ついに、レインちゃんとファインちゃんはブラッククリスタルキングの言う通りに、人質の生徒たちの身代わりとして学園に入っていきます。そして、ふた姫を取り込んだブラッククリスタルキングはさらに強力になります。

あらすじ:
いやはや、怒濤の展開ですね。
学園のみんなが取り込まれていくシーンは、涙なしにはとまでは行きませんが、どきどきものでした。うちの娘さんもこぶしを握りしめて見入っていました。

特に、トーマくんがふた姫を救うときの「アンハッピーな結末など必要ない」は感動的でした。

ふた姫特有のギャグパートも散りばめられているのですが、それが逆に悲壮感を煽っています。狙ってやったとしていれば、なかなか良くできています。

ところで、ブラッククリスタルキングのドームに入ったふた姫は、ピュピュとキュキュも連れていないので、グランドユニバーサルプリンセスにもなれないのでしょうから、やっぱりプロミネンスの力を使うんですよね。次回のタイトルもそれを暗示しているように思えますし。

これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

しかし、本当にブラッククリスタルキングの若本さんの演技はすごいですね。ノリノリです(笑)。

2007年3月11日 (日)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ふたごVSビビン☆最後の対決!」

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ふたごVSビビン☆最後の対決!」です。
Oe_7vh2x
いよいよ大詰めですね。

ふたご姫とビビンちゃんの最後の対決、余計なコメントはなしにして、さっさと中身に行きますか。
2年の集大成も近づいて出血サービス力入っています。

ちちんブイブイ。


あらすじ:
ブラック学園長先生を操っていたのは、胸のペンダントのブラッククリスタルキングでした。ブラッククリスタルキングは、全宇宙の支配を目指し、グランドユニバーサルプリンセスを排除しようとソレイユベルを次の標的にするのでした。

ブラック学園長先生がソレイユベルに近づくために選んだ手段とは、ロイヤルワンダー学園と姉妹校になること。
そして、ロイヤルワンダー学園では、姉妹校提携のお祝いに、盛大なパーティが開かれることになります。

レインちゃんファインちゃんとお友達になりたいという気持ちもくすぶっているビビンちゃんですが、憧れの学園長先生の命令には逆らえません。

でも、ふた姫たちとパーティの準備をするビビンちゃんは、本当に楽しそう。
Ymsjxddw
そんな間に、エドちんがソレイユベルを見つけます。迷うビビンちゃんですが、アンハッピーの種を植えつけてしまいます。

そして、パーティ。ソレイユベルも壇上に飾られています。みんな本当に楽しそうです。パーティが盛り上がるに従って、ハッピーもMAXに。

ついにアンハッピーの種から芽が出ます。ビビンちゃんもいつもの悪者モードに戻ります。
ブラック学園長先生の指示に従うように、アンハッピーの種は生徒たちを直接捕獲して、ハッピーを吸い上げます。
J4izwllz
あまりの非道にビビンちゃんも学園長先生に、やめるようにお願いをしますが、ブラッククリスタルキングに操られる学園長先生には通用しません。

ふた姫はグランドユニバーサルプリンセスに変身して戦いますが、トモダチを捕まえられていては、力を出し切れません。逆に襲われてピンチになります。

「みんなとトモダチになりたい!」


そんなふた姫のピンチを救ったのは、ビビンちゃんでした。ふた姫とビビンちゃんは協力して魔法で生徒たちを救い出します。

ブラッククリスタルキングは、ブラック学園長先生にビビンちゃんに制裁を加えるように命じますが、ビビンちゃんのトモダチになりたいという言葉で正気に戻った学園長先生は抵抗します。

その隙を突いて、ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力でアンハッピーの種を退けるのでした。ビビンちゃんの魔法のステッキも壊れてしまいました。

ブラッククリスタルキングの力から解放されたブラック学園長先生は、すべてをふた姫に説明します。そして、ビビンちゃんは、ふた姫と本当にトモダチになれたのでした。

感想:
作画は、作画陣にばらつきはありましたが綺麗で良かったです。

この後に及んで、ラスボス「ブラッククリスタルキング」が唐突に登場です。先週の続きで、ふた姫がビビンちゃんを怪しんで追及して全面対決という流れを予想していたのですが、いきなり分かりやすく展開しました。
考えてみれば、そこでトモダチ候補のビビンちゃんを怪しまないからふた姫なんでしょうが。

ところで、ブラッククリスタルキングって、名前からいっても1期の宇宙に追放されたブラッククリスタルですよね。1期に繋がるわけですね。ということは、ひょっとしてラストはふしぎ星に戻るのでしょうか。

あと、残された謎のロイヤルワンダー学園長とスワン姫をどう組み込んでくるか見どころですね。

妄想的な予想ですが、ロイヤルワンダー学園長は実はおひさまの国のトゥルース国王ではないのでしょうか?

ブラッククリスタルキングがロイヤルワンダー学園に迫るところで終わっていますが、ふた姫がピンチに陥ったところで、ふしぎ星からトゥルース国王が助けに来る。そして、自分とスワン姫の仲を裂いたのがブラッククリスタルキングだと気付いたエドちんも味方になり、最後はグランドユニバーサルプリンセスの力で、って感じですかね。
Bwgnkxyr

ところで、フォークねた。変身ものでは必ずやりたくなるんでしょうか。
ウルトラマン世代のトラウマでしょうか(苦笑)。

これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

[言及リンク]
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/23bd5c37b4

2007年3月 5日 (月)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ハッピーの花☆シェイドの宝物」

X2vfb7yv ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ハッピーの花☆シェイドの宝物」です。

出張でお忙しの中で、唯一本放送を見たのがふた姫だったのですが、一緒に見た娘さんをかまうのに忙しくて感想が遅れてしまいました。

そろそろ終わりが近いと思われるのですが、以前の主役のシェイドくんの最後のメインの回でしょうか。ちょっと簡略で。


あらすじ:
シェイドくんの頑張りは、クレソンさんから認められています。シェイドくんは、クレソンさんのスコップを貰い嬉しそうです。
そして、クレソンさんがお孫さんを迎えに行く間に、花壇の世話をすることになります。

しかし、ブラック学園長は、そんな彼をどん底に突き落とし、復活させてより良いハッピーを得ることにします。ビビンちゃんは、どこか嫌そうです。

ビビンちゃんとエドちん(ほとんどがエドちんがやったらしい)が花壇を荒らします。

ショックを受けたシェイドくんですが、皆の協力を得て花壇を復旧します。

そして、花壇が復旧するのを見計らいアンハッピーの種がシェイドくんのスコップに。

アンハッピーの種からでてきた怪物が、せっかく植えた種を食い荒らします。

でも大丈夫。大丈夫。ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力でアンハッピーの種を退けるのでした。

エドちんを連れて立ち去るビビンちゃんですが、そんな彼女をふた姫は目撃します。

感想:
シェイドくんラストの回だと思うのですが、特に赤の人とのエピソードはありませんでした。どうしてですかね〜。もう、ビビンちゃんとの決着のみで、ふた姫の淡い恋愛模様は、進展がなさそうです。

それに、無印の主役のシェイドくんの回にしては、絵が今一つ。残念です。しかし、クレソンさんがロイヤルワンダー学園長かと思ったのですが、どうも違うような感じです。

ストーリー的には、ビビンちゃんがブラック学園長のやり方に疑問を持ち、学園長に違和感を持つという回だった気がします。

あと、ポイントとしては、最後にふた姫がビビンちゃんを目撃したことですかね。予想では、その目撃によりビビンちゃんとの対立が深まり、最終対決に向かうというストーリーかと思います。

ということで、いよいよ次回はビビンちゃんとの最終対決。久々に教頭先生も悪の面を出してくるみたいですね。
これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

2007年2月25日 (日)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「三匹のサムライ☆頑張れブライト」

Hbbc_wbb ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「三匹のサムライ☆頑張れブライト」です。

いつも一緒に正座して放送を見るうちの娘さんがインフルエンザということで、感想が遅れてしまいました。
遅ればせながら流行しているようですので、皆様方お気をつけてくださいませ。

あらすじ:
レインちゃんファインちゃんそしてアルテッサさまとの買い物から帰ったブライトさまに、ソロがフェンシング部へ道場破りが現れたと告げます。

ブライトさまが駆けつけ道場破りと対決しますが、クラマの三節棍の前に破れます。フェンシング部は部長を始め失意の元、解散を考えますが、ブライトさまだけは希望を捨てません。彼は、以前悪に染まっていたのをふた姫に救われて、あきらめない気持ちを学んだのでした。

そんな様子を見たブラック学園長は、これがハッピー回収の元になると見抜きます。

レインちゃんは、そんなブライトさまを元気付けるためにイヤイヤダンスを踊ります。すると、ブライトさまは、その動きに隙がないことに気づき剣に取り込むことにします。

イヤイヤダンスを身につけたブライトさま、ソロそして部長は、道場破りとの再戦に望みます。そして、ついに道場破りを倒します。

道場破り倒しフェンシング部の誇りを取り戻した部長は、折れた剣を飾ります。それを見たブラック学園長は、今が収穫のタイミングとビビンちゃんに告げます。

でも大丈夫。大丈夫。ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力でアンハッピーの種を退けるのでした。

ふた姫の浄化の光を見て、ブラック学園長の瞳から一瞬悪の色が消えます。しかし、胸のアクセサリーが光り、再び悪の色がよみがえるのでした。

感想:
前回、前々回のいいお話しはどこへ?というのは、皆が感じた感想でしょう(汗)。イヤイヤダンスで剣の道を究めるって、それでいいのかフェンシング部って感じです。君たちの信じる剣の道とはそういうものかって。まぁ、それがふた姫標準と言われればそれまでですが(笑)。

しかし、あの戦いの基準はどうなっているんですかね(苦笑)。フェンシングなら、突きが決まった時点で勝利なわけで、最初からフェンシング部が勝利していた気がしますが(笑)。相手を叩きのめさないと勝負がつかないって、それはスポーツではありませんね。お子さま番組としてそれでいいのか?(笑)

それはさておき、せっかくブライトさまの回なのに、なぜに青の人の妄想暴走がないの?楽しみにしていたのに。

そんな冗談はさておき、ブラック学園長の目の色の秘密について、また出てきていました。前々回にビビンちゃんの入学のときにもコメントしたのですが、やはり何かに操られているようですね。スワン姫でしょうか?それともブラック学園長がスワン姫で、何かに操られているのでしょか。どちらかでしょうね。

ということで、次週はシェイドくんの回収の回ですか。
赤の人の回ですね。

ということで、これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

2007年2月17日 (土)

ふしぎ星の☆ふたご姫「涙の別れ☆解散!?チームセレブ」

Yqn1prxb ふしぎ星の☆ふたご姫「涙の別れ☆解散!?チームセレブ」です。

4クールだとすると、残りもあと7話。
いよいよ大詰めが近づいてきて、登場人物それぞれに幸せを与えて回る展開のようです。

今週は、シャシャとカーラの番ですね。

あらすじ:
エリザベータ様は、ファンゴくんと仲良くなれて有頂天です。でも、シャシャちゃんとカーラちゃんは、エリザベータ様がファンゴくんと仲良くするのが気に入らず、口を挟んでエリザベータ様に叱られてしまいます。

ビビンちゃんは、浮かれるエリザベータ様を狙おうと考えますが、突如現れたブラック学園長は、エリザベータ様に叱られて落ち込むシャシャちゃんとカーラちゃんを狙えと言います。

エリザベータ様は、学園ほのぼのニュースでレインちゃんファインちゃんが、バレンタインの後はお茶会で仲良くなろうと言ったのを聞いて、お茶会の準備に余念がありません。でも料理のできないエリザベータ様、大丈夫かなぁ。

ビビンちゃんは、ブラック学園長に口答えをして叱られます。昔、トモダチをたくさん作って学園No.1になろうとしたビビンちゃんに悪の道を勧めたのがブラック学園長だったのです。ビビンちゃんは、ブラック学園長に憧れて、悪の道を邁進して行ったのでした。

エリザベータ様に嫌われたと思い落ち込むシャシャちゃんとカーラちゃんは、ファインちゃんにエリザベータ様と出会った思い出を話します。そのきっかけが今も大事に持っているおはじきでした。シャシャちゃんとカーラちゃんは、エリザベータ様の大事なトモダチとして、彼女を支えていたのです。

準備ができたエリザベータ様の元に、レインちゃんがファンゴくんを引きずり込み、お茶会の始まりです。
やっぱり料理のできないエリザベータ様のお茶は渋いし、ケーキはかすかすでしたが、ファンゴくんはおいしいと言って食べます。

しかし、お茶のまずさを知ったエリザベータ様は、哀しくなって涙をこぼします。それを見たシャシャちゃんとカーラちゃんは、ファンゴくんが彼女を泣かせたと詰め寄ります。でも、エリザベータ様が止めに入ります。エリザベータ様もずっとシャシャちゃんとカーラちゃんを大事なトモダチだと思っていたのです。

エリザベータ様とシャシャちゃん、カーラちゃんが仲直りしてハッピーになったチャンスを見逃さず、ビビンちゃんはアンハッピーの種を蒔きます。

シャシャちゃんとカーラちゃんを救おうとするエリザベータ様とファンゴくん。特にエリザベータ様は運動が苦手で大変そうです。
でも大丈夫。大丈夫。ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力で助けるのでした。

ビビンちゃんは、作戦が失敗したのですが、どうしてかほっとしている自分に気づきます。
でも、ブラック学園長は、ふた姫をこのままにしておけないと決意したようです。どうするレインちゃん、ファインちゃん?

感想:
前回がもうGyu!の中でも1、2を争う出来だったので、今回はどうだろかと心配していましたが、いいお話でした。

絵的には、藍麦の好みではなかったのですが、崩れてはいないので突っ込みは不要でしょう。

エドワルド編で落ち込んでいた内容もビビンちゃん編に入ってずいぶん持ち直していましたが、年末以降はスマッシュヒットの連続ですね。プリキュアの最後がぐだぐだとやっていたのと違い、子ども向けのポイントを抑えながらストーリーを進める、見事です。
本当に終わるの?寂しいなぁ。

さて、そのストーリーですが、以前ねねむ唐象さんが、ブラック学園長はおそらく呪われているスワンさんではないかと鋭い指摘をされていましたが、ますます当たっている気がしてきました。
入学したてのビビンちゃんを見る目が、ビビンちゃんの学園トモダチ化計画を語るキラキラした目を見て変化していくところなど、まさに呪われているって感じでしたし。

ところで、ビビンちゃんですが、どうも学園長に利用されいる気がします。一番になるという目標をビビンちゃんが達成してハッピーになった瞬間を狙っているのではないでしょうか?彼女の目を見て、最高の実を収穫できる素材だと気付いたのではないでしょうか。

と、いつになくふた姫でまじめに考察を書いてしまいました。

ということで、次回はブライトさまですか〜。登場人物の整理もついに無印メンバーに入ったのでしょうか。
とはいえ、ブライトさまといえば青の人の独壇場ですね。思いっきり暴走してくれることを期待しています。楽しみ〜。

ということで、これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

[言及リンク]
http://www.tibigame.net/anime/2007/02/_gyu_46.html

2007年2月11日 (日)

ふしぎ星の☆ふたご姫「恋するエリザベータ☆手作りバレンタイン」

Btp0poo8 ふしぎ星の☆ふたご姫「恋するエリザベータheart☆手作りバレンタイン」です。

ハートが機種依存文字だと思いますので、自重していますがどうなのでしょうね。
今週は、ふた姫の底力を見せた、すんばらしい回でした。ああ、やっぱり3期はないのかなぁ。
#キャプはあとで補完

あらすじ:
ファンゴくんの言葉に影響を受けて、質素(だけど18金)な神輿に乗って登校するエリザベータ様
だけれど当然、ファンゴくんに認めてもらえたりはしません。エリザベータ様は、ファンゴくんの気持ちが、すごく気になるのでした。

一方、明日のバレンタインに向けて、色々と考えるレインちゃんファインちゃん。レインちゃんは、今日も妄想が大暴走中です。

結局、気になる人たちの本当の気持ちを知るために手作りチョコを作ることにするふた姫。エリザベータ様も混ざるようです。

そのころ、ビビンちゃんは、残り一つのブラックアクセサリーが心配です。エドちんの昔の彼女スワンさんの話も半分しか聞いていません。

ふた姫とエリザベータ様は手作りチョコに悪戦苦闘。シフォンちゃんたちに教えてもらいながらがんばりますが完成には至りません。そんなエリザベータ様の元に変装したビビンちゃんが。ブラックアクセサリーの髪飾りで、お菓子作りの腕もプロ級です。

そしてバレンタインの日。
エリザベータ様は、ファンゴくんにチョコレートを渡します。ファンゴくんもまんざらでもない様子。

そんなエリザベータ様がハッピーマックスになった様子を見て、ここが収穫のときと、ビビンちゃんがアンハッピーの種を仕掛けます。

でも大丈夫。大丈夫。ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力で助けるのでした。

そして、ファンゴくんは、一つ紛れ込んだ、ブラックアクセサリーに頼らないでエリザベータ様が作ったチョコレートを食べておいしいとエリザベータ様に言います。エリザベータ様は、失神状態。

ふた姫もチョコレートをブライト様とシェイドくんに上げますが、こちらもそのひどいお味で失神状態です。

感想:
もう今週は、絵もかわいいし、満遍なく学園のキャラが出ているのにテンポがいいので違和感がなく、今までの伏線と、これからへの引きが絶妙のバランスで行われたすんばらしい回でした。
藍麦にはベータ様属性がないのであれですが、それでも嵌ってしまいそうだったので、ベータ様の御付き(ファン)ならば、きっと過去1番というのでは。

それはそうと、ツンデレ属性が結構ある藍麦としては、ビビンちゃんが気になっています。ブラックアクセサリーを使い果たしてもアンハッピーフルーツを収穫できなかったので、彼女はもう失格ですよね。ブラック学園No.1の座も追われることになります。
次週からは、ブラック学園長御自らが乗り込んでくるわけですが、ビビンちゃんがどう振舞うのか気になります。

ひどい仕打ちをされたビビンちゃんがふた姫の優しさで反旗を翻すのだとは思いますが、どう見せるのでしょうかね。
手袋で結構なところまで来ているのでそれ以上は難しい演出になりそうです。

ということで、これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

2007年2月 4日 (日)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「激突!☆ファンゴとフィンゴ」

Szispiie ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「激突!☆ファンゴとフィンゴ」です。

寒いですね。やっぱり、冬って感じです。昼間の日向がとてもありがたい感じです。
ということで、こんな季節には、ハートウォーミングなふた姫がやっぱり、って感じですか。


あらすじ:
エリザベータ様の質素な豪華お茶会に誘われたファンゴくんですが、その前に弟のフィンゴくんが現れます。

フィンゴくんの目的は、ファンゴくんを決闘で負かして、星に連れ帰ること。

レインちゃんとファインちゃんは、決闘はいけないと早速フィンゴくんのハッピー計画を始めます。でもフィンゴくんの決意の前には通じません。

ブライトさまは、フィンゴくんから事情を聞き出そうとしますが、決闘に勝たないと教えないとフィンゴくんは語ります。その決闘の方法は、何と腕相撲。でも、やっぱり決闘はブライトさまの勝利。

負けて逃げようとしたフィンゴくんは、コインを落とします。このコインは、兄弟が力を合わせて星を盛り立ててほしいというトゥルース王の願いだったのです。

レインちゃんは、フィンゴくんを追いかけて、星に帰って来てほしいための行動だったということが分かります。それを聞いたエリザベータ様は、フィンゴくんを連れて、ファンゴくんを探し始めます。

そんなフィンゴくんに、ビビンちゃんはブラックアクセサリーを渡します。

ふた姫は、湖のほとりでファンゴくんを見つけます。ファンゴくんは、彼なりにフィンゴくんのことを大切に思って星を出たことが分かります。

そんなファンゴくんの元に、決闘で勝つためのブラックアクセサリーを付けたフィンゴくんが現れます。そのブラックアクセサリーの威力を見たフィンゴくんは、これでファンゴくんに勝てるとハッピーマックスになります。そして、ここが収穫のときと、ビビンちゃんがアンハッピーの種を仕掛けます。

でも大丈夫。大丈夫。ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力で助けるのでした。

そして、兄弟は実力で腕相撲勝負。やっぱり、ファンゴくんの圧勝です。でも、ファンゴくんも星に帰ることを約束するのでした。

感想:
いままで、色々引っ張ってきたファンゴくんのコインですが、今週で解決です。きっと自分の星に関係あることだろうなぁと思っていましたが、その通りでした。
でも、弟中心でなくて、フィンゴくんが来るけれど、話の中心はやっぱりファンゴくんで、というようにやってほしかったなぁ。

それはそうと、エリザベータ様のファンゴくんラブのフラグが立って、次週が楽しみになってきました。三つ編みいいですね〜。

ということで、いよいよエリザベータ様が終われば、後はビビンちゃんとの対決でしょうか。一時期はふた姫寄りになっていたビビンちゃんですが、ブラックアクセサリーを使うことでどんどん追い込まれて行っています。
今週の辛そうな表情がかわいそうでした。本当はブラックアクセサリーを使いたくないのではないかなぁ。いったいどうなってしまうのでしょうか?

ということで、これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

2007年1月27日 (土)

ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「減点パラダイス☆大暴走マーチ」

Tzii2yxk ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「減点パラダイス☆大暴走マーチ」です。

残りのお話も少なくなってきて、学園のお友達に引いてあった伏線の回収が始まっています。先週はノーチェ、今週はマーチ、次週は...。
本当に終わっちゃうのでしょうか。寂しいなぁ。


あらすじ:
マーチちゃんは、学園内のチェックが追いつかなくて、風紀委員としての自分を責めています。

悩むマーチちゃんに近付いたのは、例によってエセ外国人(?)エドちん。ブラックアクセサリーのメガネを全ての校則違反を見つけられるアイテムとしてマーチちゃんに押しつけます。

すると、マーチちゃんは、眼鏡の力で本当に学園中の校則違反を見つけられるようになっています。

どんどん校則違反を摘発して、秩序ある学園にするマーチちゃんの行動に感激した教頭先生は、彼女に校則決定権を与えてしまいます。

勢いが付いてどんどん自分なりの校則違反を見つけて摘発するマーチちゃん。レインちゃんファインちゃんが寝ている間も徹夜でチェックしています。

しかし、マーチちゃんは、徹夜で校則違反を摘発したので疲れて倒れてしまいます。実は彼女がここまで校則にこだわるのは、それが異人種が集まるこの学園をまとめるための手段だと信じていたから。それを知ったふた姫は、どうすべきか困ってしまいます。

ついにマーチちゃんは、教頭先生まで減点し学園から校則違反をすべて追い出します。完璧な学園になったと喜ぶマーチちゃんですが、ここが収穫のときと、ビビンちゃんがハッピーマックスを仕掛けます。

でも大丈夫。大丈夫。ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力で助けるのでした。

ビビンちゃんが引き上げたあと、マーチちゃんは過労で倒れてしまいます。保健室で目が覚め、風紀委員失格だと落ち込みますが、そんな彼女に教頭先生が、りスリムになった学園の校則書を渡します。
これからも、マーチちゃんは新しい校則で頑張ります。

感想:
マーチちゃんがなぜあんなにも減点切符を切るのかその秘密が明らかになる回でした。いいお話でしたね。しかも、教頭先生が反省して校則が軽くなり、学園が変わるというオチまで付いています。
いよいよ伏線の回収というかまとめに入っている感じですね。

でもマーチちゃんの新しい眼鏡なかなか似合っていました。
眼鏡を取った顔が可愛いという人もいそうですが、藍麦は眼鏡属性なので、眼鏡を掛けたままの方がいいのです。たぶん(汗)。

しかし、伏線の回収といいながらも、もう少しビビンちゃんやふた姫も活躍させてほしいなぁ。

ということで、次週はファンゴの謎解きですか。今週久しぶりにコインを持ち出したのも、それに向けての伏線ですよね。

今週の作画はばらつきはありましたがまぁまぁでした。来週は、ちょっと癖がありそうな作画で、ファンゴの引きの回としては心配です。

ということで、これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間