管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

マンガ・アニメ Feed

2017年1月14日 (土)

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第二話

Sgr02

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第二話です。

『昭和元禄落語心中』は、原作も読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと思って、当初は見ないつもりでした。ところが一期の第一話がかなり面白かったので、そのままずるずると感想も書いていました。

一期の感想は、このあたり

ということで、個人的にはこの冬の本命です。第一話も面白かったです。

一期の内容は過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語が中心でした。ここまでのお話というか、二期の始まりの前提を公式から引用しますとこういう感じですか。

「刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となり、芸を磨いた与太郎はついに真打へと昇進する。」

ということで、先週の第一話は、真打となった与太郎は、三代目助六の名跡を継ぎ、父親がわからない子供を産んだ小夏と結婚することになってというところが描かれました。

なんとなく、幸せな生活という感じですが、そんな助六に売れっ子作家の樋口が近付いてというところでした。

ということで、昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第2話感想行きます。

続きを読む »

2017年1月13日 (金)

うらら迷路帖 二占「探し物と夢、時々甘味」

Um02

うらら路帖 二占「探し物と夢、時々甘味」です。

「うらら迷路帖」は第一週目程々に人気がありました。なかなか楽しい感じで楽しめたのではないでしょうか。

このアニメの感想を書こうと思った理由は、原作漫画を元々読んでいたからです。ただ、そんなに熱心な読者ではなくって、あまり内容は覚えていないですね。アニメに合わせて読み返しをしておきたいところですが、今週は手元にコミックスがないので、別途読み返すことにします。

その原作ですが、四コマ漫画で、主人公たち4人の新人占い少女が、ドタバタしながらも成長し、しっかりとした占い師になっていくという感じでしょうか。原作ではドタバタだけでなく、ちょっとした暗いお話やほろっと来るお話などを交えて進んでいくのですが、アニメではどうなるんでしょうね。

先週は、その世界観といいますか、占いの町・迷路町の設定についてと登場人物の紹介があったような感じです。

ということで、新番組 うらら迷路帖 第二話「探し物と夢、時々甘味」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月12日 (木)

小林さんちのメイドラゴン 第1話「史上最強のメイド、トール! (まあドラゴンですから)」

Kmd01

小林さんちのメイドラゴン 第1話「史上最強のメイド、トール! (まあドラゴンですから)」です。

冬アニメの4本目は、『小林さんちのメイドラゴン』です。この冬は、5本感想を書くつもりですが、もう一つは分割2クールなので、実質的にはラストですか。

まぁ、そんなことはどうでもいいですが、このアニメを選択した理由は単純で、京都アニメーションだからですね。なんとなくですが、京都アニメーションだと感想を書いている気がしますです。あ、「日常」とか書いてないか。

あとは、曜日が一番書きやすい水曜日放映だったことですか。楽に見て楽に書けそうなアニメだからですね。雰囲気的には、ギャグアニメらしいですし。

ということで、小林さんちのメイドラゴン 第一話「史上最強のメイド、トール! (まあドラゴンですから)」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月 9日 (月)

リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」

La01

リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」です。最終回みたいなサブタイトル。

今期アニメ感想第三弾は、『リトルウィッチアカデミア』です。このアニメはどうやら2013年に劇場公開された短編アニメのリメイクらしいです。原作・製作がTRIGGERの吉成 曜さんです。TRIGGERですから、まぁどうしてもアニメの動きなどを期待してしまうのですが、この2013年に公開されたアニメは「アニメミライ」での公開で、なかなか良かったようです。

このアニメを感想で選んだ理由は、たまたまテレビでアニメ放送を見たからなんですね。見た途端、アニメの動きから面白そうということで、ついつい見込んでしまいました。まぁ、TRIGGERらしいと言えばそうですけれど。

噂では2クールということのようですが、最後まで見れるかどうかが気になるということで、最近は2クール作品の感想を避けていたのですが、これは書いてみたいと思います。

では、リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」感想行きます。

続きを読む »

2017年1月 7日 (土)

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第一話

Rs01

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第一話です。

『昭和元禄落語心中』は、原作も読んでいて、面白そうかとおもってはいたんですが、そもそも落語家でない人がこの演技をしてもどうだろうと思って、当初は見ないつもりでした。ところが一期の第一話がかなり面白かったので、そのままずるずると感想も書いていました。

一期の感想は、このあたり

ということで、個人的にはこの冬の本命です。

一期の内容は過去編ということで、八雲師匠とその話に出ていた助六の物語が中心でした。ここまでのお話というか、二期の始まりの前提を公式から引用しますとこういう感じですか。

「刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となり、芸を磨いた与太郎はついに真打へと昇進する。

継いだ名跡は三代目助六。八雲師匠の為め、小夏の為め、二人の中の助六を変える為め、与太郎が見出す己の落語とは…。」

ということで、昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第1話感想行きます。

続きを読む »

うらら迷路帖 一占「少女と占い、時々おなか」

Um08

うらら路帖 一占「少女と占い、時々おなか」です。

うちのブログの冬アニメ感想第一弾は、『うらら迷路帖』です。本当は、新しいブログに引っ越してから冬アニメを始めたかったんですけれどね。残念ですが、ブログのバグに嵌ってしまって間に合いませんでした。

それはそうと、このアニメの感想を書こうと思った理由は、原作漫画を元々読んでいたからです。ただ、そんなに熱心な読者ではなくって、あまり内容は覚えていないですね。アニメに合わせて読み返しをしておきたいところですが、今週は手元にコミックスがないので、別途読み返すことにします。

その原作ですが、四コマ漫画で、主人公たち4人の新人占い少女が、ドタバタしながらも成長し、しっかりとした占い師になっていくという感じでしょうか。いやそんなところまで進んではいませんけれど。

原作ではドタバタだけでなく、ちょっとした暗いお話やほろっと来るお話などを交えて進んでいくのですが、アニメではどうなるんでしょうね。女の子が可愛い、日常アニメにもできると思うので、その辺りはお手並み拝見ですか。

ということで、新番組 うらら迷路帖 第一話「少女と占い、時々おなか」感想行きます。

続きを読む »

2016年12月29日 (木)

この冬このアニメを見ようかな(2017年冬)【予定稿】

Rw01

そろそろ年の瀬が押し迫って来ましたということで、冬アニメの季節となってきました。どうしようか色々悩んでいますが、もう時間がないということで、ひとまず仮置きしてみました。

この秋は、4~5本の感想記事を書いていました。中途半端な書き方をしているのは、『レガリア The Three Sacred Stars』が変なクールまたぎしたためですね。そのため、このアニメ夏の間にラストまで行っていません。秋の途中で終わってということですね。

アクセス的には、『響け!ユーフォニアム2』のぶっ千切りになるかなと思っていたのですが、中盤からは『魔法少女育成計画』がうちのブログでは一番でした。

それは置いておいてこの冬なんですが、ちょっと大変なことになっています。見たいアニメというのが、ほとんどないという状態です。まぁ、仕事が忙しくなるのが見えているからというのもあるんですけれどね。秋から『3月のライオン』の感想書いておけば良かった。

ちなみに、キャプチャは『Rewrite 2nd シーズン』です。

続きを読む »

響け!ユーフォニアム2 第13回「はるさきエピローグ」

Hy201

響け!ユーフォニアム2 第13回「はるさきエピローグ」です。

『響け!ユーフォニアム』の二期、『響け!ユーフォニアム2』です。原作の小説で行きますと、前の『響け!ユーフォニアム』の第一巻でした。この『響け!ユーフォニアム2』は原作の残りをまとめたものですね。

この『響け!ユーフォニアム』は、高校の吹奏楽部を舞台にした部活ドラマです。スポ根アニメの文化部版だと考えていただければよろしいかと。実際の吹奏楽部も体育会系文化部といわれる部活でありますので、まさにその通りかと。実際、以前から書いていますけれど、うちはリアルタイムで大阪の高校吹奏楽部家族でしたので、特にこのアニメに思い入れがあったりします。かなりリアルな部活描写であるあるでしたので、二期も楽しんでいました。

先週の第十二話は、いよいよコンクールの全国大会でした。せっかくの全国大会だったのですが、結局コンクールでの演奏がなかったのが残念ですが、まぁアニメでやっても、関西大会の映像と同じようなものになってしまうのも事実ですが。あすか先輩を一時欠いていたので、完成度が高まらなかったとかでもあれば別なのですが、全力を出し切りましただったので、仕方がないですね。

ということで、今週は、何をするのでしょうか。第1話から考えると、卒業でしょうか。

ということで、響け!ユーフォニアム 第十三話最終回「はるさきエピローグ」感想行きます。

続きを読む »

2016年12月25日 (日)

Lostorage incited WIXOSS 12「夜明け」

Lw01

Lostorage incited WIXOSS 12「夜明け」です。

クリスマス連休の間にブログ移したかったのに、バックアップができなくて全くできなかった・・・。で、ばたばたしている間に感想書くの忘れてました。

『Lostorage incited WIXOSS』ですが、前のシリーズの『selector infected WIXOSS』、『selector spread WIXOSS』はかなり好きで、映画版まで見て感想も書いていました。

『selector infected WIXOSS』シリーズの感想はここ

劇場版『selector destructed WIXOSS』の感想はここ

ということで、今回の『Lostorage incited WIXOSS』のシリーズも感想を書こうと思っているわけですが、前回の『selector WIXOSS』シリーズのシリーズ構成をしていた岡田麿里さんが抜けたこと、キャラクターデザインが自分の大好きな坂井久太(坂井久美子)さんでなくなったことが気になっていました。結果として、どちらも致命傷という印象です。

先週の第11話は、すず子ちゃんと千夏ちゃんの最終バトルという感じでした。そして、すず子ちゃんが勝利したと。

しかし、そこが終着点ではないですね。まだブックメーカーとの決着が残っていました。そしてそして、この世界の秘密も全然見えていません。

今週でそれをすべてクリアできるんでしょうか。

では、Lostorage incited WIXOSS 第十二話最終回「夜明け」感想行きます。

続きを読む »

2016年12月23日 (金)

響け!ユーフォニアム2 第12回「さいごのコンクール」

Hy201

響け!ユーフォニアム2 第12回「さいごのコンクール」です。

『響け!ユーフォニアム』の二期、『響け!ユーフォニアム2』です。原作の小説で行きますと、前の『響け!ユーフォニアム』の第一巻でした。この『響け!ユーフォニアム2』は原作の第2巻から始まりましたが、すでに3巻も後半ですね。第一話冒頭の回想シーンは、そういう意味ですね。

この『響け!ユーフォニアム』は、高校の吹奏楽部を舞台にした部活ドラマです。スポ根アニメの文化部版だと考えていただければよろしいかと。実際の吹奏楽部も体育会系文化部といわれる部活でありますので、まさにその通りかと。実際、以前から書いていますけれど、うちはリアルタイムで大阪の高校吹奏楽部家族でしたので、特にこのアニメに思い入れがあったりします。かなりリアルな部活描写であるあるでしたので、二期も楽しんでいます。

先週の第十一話は、シリーズで残った課題の一つ麗奈ちゃんと滝先生との関係といいますか、滝先生の奥さんの事実についてが描かれました。ただ、まだ解決したわけではないので、続きはまだあるのかな?

ということで、今週は、いきなりコンクールですか。

ということで、響け!ユーフォニアム 第十二話「さいごのコンクール」感想行きます。

続きを読む »

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間