管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

本[か]◆ゴーストハント Feed

2011年11月19日 (土)

「ゴーストハント (7) 扉を開けて」小野 不由美★★★★☆

G 「ゴーストハント (7) 扉を開けて」小野 不由美
メディアファクトリー 幽BOOKS ISBN:978-4840143073

暴風雨ですね。6巻のときが台風でしたが、まぁ関係ないですね。(苦笑)

今回は11/16刊行ですか。てっきり18日発売だと思っていて、買うのが遅くなりました。結局最後まで発売日はバラバラでした。本当は、月曜に感想を書こうと思っていたんですが、『ゴーストハント』で来られる方も結構あるので、早めに書いておきます。

さて、隔月刊行、講談社X文庫ティーンズハート版『悪霊シリーズ』のリライト版「ゴーストハント」の7巻目です。最終巻ということになりました。(泣)

この7巻目は、『悪霊シリーズ』で行くと『悪霊だってヘイキ!』で、コミックスでは10~12巻で、サブタイトルは「忘れられた子どもたち」です。アニメでは、映像化されませんでした。恐らくは、ディスクが売れればOVAか何かで出たんではないかと思いますが、だめだったんでしょうか。サブタイトルは、こちらの方がいいですね。

この7巻は、今までのシリーズの集大成ということで、全般に関わる謎解きが行われます。

ということで、「ゴーストハント (7) 扉を開けて」感想行きます。

恒例の、講談社X文庫ティーンズハート版との比較は、今、手元にないのでどうするかは別途考えます。気が向いたなら書き足します。

続きを読む »

2011年9月21日 (水)

「ゴーストハント (6) 海からくるもの」小野 不由美★★★★☆

G 「ゴーストハント (6) 海からくるもの」小野 不由美
メディアファクトリー 幽BOOKS ISBN:978-4840142458

台風ですね。出張から地下鉄とバスを乗り継いで帰って来ましたよ。倍時間が掛かった。

ところで、9/22発売でしたっけ?う~ん、フラゲして発売前には読み終わってしまった。(泣)もったいないなぁ、本当に。

さて、隔月刊行、講談社X文庫ティーンズハート版『悪霊シリーズ』のリライト版「ゴーストハント」の6巻目です。残り少なくなりました。

この6巻目は、『悪霊シリーズ』で行くと『悪霊と呼ばないで!』で、コミックスでは8~9巻で、サブタイトルは呪いの家」です。アニメも 同じタイトルです。サブタイトルは、コミックス/アニメ版の方では、ちょっと問題がありますね。ただ、この「海からくるもの」もちょっとネタばれかも。

この6巻は、登場するキャラクターそれぞれに見せ場がある話で、それなりに人気があると思います。

ということで、「ゴーストハント (6) 海からくるもの」感想行きます。

恒例の、講談社X文庫ティーンズハート版との比較は、今回はやりません。だって、余りにも違うから。

続きを読む »

2011年7月16日 (土)

「ゴーストハント (5) 鮮血の迷宮」小野 不由美★★★半☆

G 「ゴーストハント (5) 鮮血の迷宮」小野 不由美
メディアファクトリー 幽BOOKS ISBN:978-4-8401-3978-6

あぁぁぁ、7/15発売でしたっけ?う~ん、フラゲして発売日には読み終わってしまった。(泣)もったいないなぁ、本当に。

さて、11月から始まりました隔月刊行、講談社X文庫ティーンズハート版『悪霊シリーズ』のリライト版「ゴーストハント」の5巻目です。

この5巻目は、『悪霊シリーズ』で行くと『悪霊になりたくない!』で、コミックスでは6~7巻で、サブタイトルは「血塗られた迷宮」です。アニメも 同じタイトルです。サブタイトルは、コミックス/アニメ版の方がいい感じですね。

この5巻は、元にしても、コミックスもアニメでも、最も評判のいいお話しです。なので、かなり楽しみですね。

ということで、「ゴーストハント(5) 鮮血の迷宮」感想行きます。

恒例の、講談社X文庫ティーンズハート版との比較は、出張で家に帰られないのでちょっと待ってね。(追記しました)

続きを読む »

2011年5月19日 (木)

「ゴーストハント (4) 死霊遊戯」小野 不由美★★★半☆

G 「ゴーストハント(4) 死霊遊戯」小野 不由美
メディアファクトリー 幽BOOKS ISBN:978-4840139113

あぁぁぁ、5/20発売でしたっけ?う~ん、フラゲして発売前に読み終わってしまった。(泣)もったいないなぁ、本当に。

さて、11月から始まりました隔月刊行、講談社X文庫ティーンズハート版『悪霊シリーズ』のリライト版「ゴーストハント」の4巻目です。

この4巻目は、『悪霊シリーズ』で行くと『悪霊はひとりぼっち』です。コミックスでは4~5巻で、サブタイトルは「禁じられた遊び」です。アニメも 同じタイトルです。サブタイトルは、コミックス/アニメ版の方がいい感じですね。

ただ、この表紙はいけませんねぇ。かなりのネタバレだ。

ということで、「ゴーストハント(4) 死霊遊戯」感想行きます。

恒例の、講談社X文庫ティーンズハート版との比較は、家に置いてきたのでちょっと待ってね。

続きを読む »

2011年3月19日 (土)

「ゴーストハント(3) 乙女ノ祈リ」小野 不由美★★★半☆

G 「ゴーストハント(3) 乙女ノ祈リ」小野 不由美
メディアファクトリー 幽BOOKS ISBN:978-4-8401-3862-8

連休ということで、本拠地大阪に戻っています。

11月から始まりました隔月刊行、講談社X文庫ティーンズハート版『悪霊シリーズ』のリライト版「ゴーストハント」の3巻目です。

この3巻目は、『悪霊シリーズ』で行くと『悪霊がいっぱいで眠れない』です。コミックスでも3巻で、サブタイトルは「放課後の呪者」です。アニメも同じタイトルですね。ちょっと、コミックスのサブタイトルは、ネタバレ気味ですか。この新装版のサブタイトルは、秀逸だと思います。

さて、「人形の檻」からミステリよりもオカルト色がと書きましたが、この「乙女ノ祈リ」は、どうなんでしょうか。

ということで、「ゴーストハント(3) 乙女ノ祈リ」感想行きます。

続きを読む »

2011年1月20日 (木)

「ゴーストハント (2) 人形の檻」の感想追記しました

G_2 「ゴーストハント (2) 人形の檻」の感想は、本が出てすぐに書いていたのですが、元の講談社X文庫ティーンズハート版を家に置いたままだったので、比較を書けませんでした。

ということで、書く書くと予告していたので、これではいけないということで、追記しておきました。興味がある方は、読んでみてくださいな。

結果をざっくり書くと、かなり大きなポイントが変更されています。リライト版の元となったマンガ版やアニメ版とも違う修正ですね。

ということで、リンクを貼っておきます。

「ゴーストハント(2) 人形の檻」の感想はここ
「ゴーストハント(1) 旧校舎怪談」の感想はここ

漫画版の感想はこの辺 り
アニメ版の感想はこの辺り

2011年1月12日 (水)

「ゴーストハント(2) 人形の檻」小野 不由美★★★★☆

G 「ゴーストハント(2) 人形の檻」小野 不由美
メディアファクトリー 幽BOOKS ISBN:978-4840136884

11月から始まりました隔月刊行、講談社X文庫ティーンズハート版『悪霊シリーズ』のリライト版「ゴーストハント」の2巻目です。

前巻の感想でも書きましたが、『悪霊シリーズ』として初めて出版されたのが1989年ですか ら20年以上前からずっと人気があるのはすごいことですね。Amazonくんでも売り上げ1位でした。

さて、「ゴーストハント」は前巻の「旧校舎怪談」は、オカルトの衣を着たミステリだったのに対して、この「人形の檻」からは、ミステリ仕立てのオカルトになっていって、段々と怖さが増していきますので楽しみですね。

ということで、講談社X文庫ティーンズハート版との比較は、次週追記するとしてまずは感想行っておきます。 (追記しました)

ということで、「ゴーストハント(2) 人形の檻」感想行きます。

続きを読む »

2010年11月17日 (水)

「ゴーストハント(1) 旧校舎怪談」小野 不由美★★★半☆

G 「ゴーストハント(1) 旧校舎怪談」小野 不由美
メディアファクトリー 幽BOOKS ISBN:978-4840135948

ダビンチでも先行掲載されて、待っていた方も多いでしょう。漫画版も完結してようやく再販開始です。それも、小野さん自身での大幅リライト。「ゴーストハント」です。

コバルト文庫版講談社X文庫ティーンズハート(記憶間違い)で『悪霊シリーズ』として初めて出版されたのが1989年ですから20年以上前ですか。漫画版も1998年、アニメが2006年ですか。長く人気がありますねぇ。

うちにある講談社X文庫版は初版なので、恐らく初めて読んだのもその辺り。表紙のイラストもいなださんに変わっていて、期待が高まります。

ということで、小野さんがどう書き直してくれるのか楽しみにしたいと思います。(講談社X文庫版との比較を追記しました)

ということで、「ゴーストハント(1) 旧校舎怪談」感想行きます。

続きを読む »

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間