管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

アニメ[は]◆氷菓 Feed

2012年9月17日 (月)

氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」

Hk2 氷菓 第二十二話「遠まわりする雛」です。

アニメ版『氷菓』も、今週で最終回らしいです。まぁ、お話しからすると、『ふたりの距離の概算』よりも、絶対に『遠まわりする雛』の方が最終回にふさわしいお話しですから。恐らくは、短編集ということで、その本を総括するお話しになっているから、そう感じるのだとはおもいますが。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。もう少し書きたいと思っていましたが、結局書けませんでした。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、「遠まわりする雛」は、恐らく〈古典部〉シリーズというより米澤さんのお話しの中でもトップクラスに情景が綺麗なお話しです。その辺りを京アニがどう処理してくれるのかを楽しみにしたいと思います。

ということで、氷菓 第22話「遠まわりする雛」感想行きます。

続きを読む »

2012年9月10日 (月)

氷菓 第二十一話「手作りチョコレート事件」

Hk2 氷菓 第二十一話「手作りチョコレート事件」です。

アニメ版『氷菓』も、放送が9月いっぱいだとすると、残りは恐らく原作ですと『遠まわりする雛』の短編だけですね。今週も入れて後2話でしょうか。ということで、今週は、その中から「手作りチョコレート事件」です。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。もう少し書きたいと思っていましたが、結局書けていないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、「手作りチョコレート事件」は、奉太郎とえるちゃんを除く、〈古典部〉の仲間たちの事件ですね。

ということで、氷菓 第21話「手作りチョコレート事件」感想行きます。

続きを読む »

2012年9月 3日 (月)

氷菓 第二十話「あきましておめでとう」

Hk1 氷菓 第二十話「あきましておめでとう」です。

アニメ版『氷菓』も、放送が9月いっぱいだとすると、残りは恐らく原作ですと『遠まわりする雛』の短編だけですね。ということで、今週は、その中から「あきましておめでとう」です。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。『クドリャフカの順番』の間に次の一つとは思っていたんですが、書けていないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、「あきましておめでとう」は、ちょっとイレギュラーな内容だと思います。これはこれで楽しみますか。季節がちょっと外れていますけれどね。

ということで、氷菓 第20話「あきましておめでとう」感想行きます。

続きを読む »

2012年8月27日 (月)

氷菓 第十九話「心あたりのある者は」

Hk1 氷菓 第十九話「心あたりのある者は」です。

アニメ版『氷菓』も、放送が9月いっぱいだとすると、残りは恐らく原作ですと『遠まわりする雛』の短編だけですね。ということで、今週は、その中から「心あたりのある者は」です。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。『クドリャフカの順番』の間に次の一つとは思っていたんですが、書けていないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、「心あたりのある者は」は、安楽椅子探偵物として出色の出来だとおもうので楽しみなのですが、そういうネタだとちょっとアニメ化は難しいと思うんですよね。動かないですし。どうアレンジしてくれるのか楽しみではありますが。

ということで、氷菓 第19話「心あたりのある者は」感想行きます。

続きを読む »

2012年8月20日 (月)

氷菓 第十八話「連峰は晴れているか」

Hk1 氷菓 第十八話「連峰は晴れているか」です。

読み返すと、結構日本語がぐだぐだだったので、修正しました。

アニメ版『氷菓』も、長編の『クドリャフカの順番』が終わり、放送が9月いっぱいだとすると、残りは短編だけですね。ということで、今週は、2008年に「野性時代」に掲載された『連峰は晴れているか』です。まだ本にはなっていないですね。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。『クドリャフカの順番』の間に次の一つとは思っていたんですが、書けていないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、ここからは、原作本の『遠まわりする雛』に繋がる流れだと思うので、いよいよ古典部の面々の話しというよりも、奉太郎とえるちゃんのお話しになっていくんでしょう。

ということで、氷菓 第18話「連峰は晴れているか」感想行きます。

続きを読む »

2012年8月15日 (水)

氷菓 第十七話「クドリャフカの順番」

Hk2 氷菓 第十七話「クドリャフカの順番」です。

アニメ版『氷菓』も、『クドリャフカの順番』の佳境に入りました。原作ですと3冊目ですね。長編の最終回だというのに、お盆休み進行ですっかり遅くなりました。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。『クドリャフカの順番』の間に次の一つとは思っていたんですが、書けていないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
える ちゃんイラストはこの辺り

さて、『クドリャフカの順番』編も最終話ですが、どういう幕引きをするんでしょうね。まぁ、原作からあまり捻っては来ないと思っているんですが。

ということで、氷菓 第17話「クドリャフカの順番」感想行きます。

続きを読む »

2012年8月 6日 (月)

氷菓 第十六話「最後の標的」

Hk1 氷菓 第十六話「最後の標的」です。

アニメ版『氷菓』も、『クドリャフカの順番』の佳境に入りました。原作ですと3冊目ですね。『クドリャフカの順番』も長編です。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。そろそろ、次を書こうかなと思いつつも書けないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、『クドリャフカの順番』編も五週目ですが、そろそろ事件の背景も色々と見えてはきました。京アニサイトを見てみると、17話までが『クドリャフカの順番』みたいですし。

ということで、氷菓 第16話「最後の標的」感想行きます。

続きを読む »

2012年7月30日 (月)

氷菓 第十五話「十文字事件」

Hk1 氷菓 第十五話「十文字事件」です。

アニメ版『氷菓』も、『クドリャフカの順番』の佳境に入りました。原作ですと3冊目ですね。『クドリャフカの順番』も長編です。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。そろそろ、次を書こうかなと思いつつも書けないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、『クドリャフカの順番』編も四週目ですが、ようやく事件の骨格が色々と見えてはきました。京アニサイトを見てみると、17話までが『クドリャフカの順番』

ということで、氷菓 第15話「十文字事件」感想行きます。

続きを読む »

2012年7月23日 (月)

氷菓 第十四話「ワイルド・ファイア」

Hk1 氷菓 第十四話「ワイルド・ファイア」です。

アニメ版『氷菓』も、先週から『クドリャフカの順番』に入りました。原作ですと3冊目ですね。『クドリャフカの順番』も長編です。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。そろそろ、次を書こうかなと思いつつも書けないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、『クドリャフカの順番』編も三週目ですが、事件の骨格が色々と見えてはきました。ただ、「わたし気になります」がないと、奉太郎が動かないんですよね。

ということで、氷菓 第14話「ワイルド・ファイア」感想行きます。

続きを読む »

2012年7月16日 (月)

氷菓 第十三話「夕べには骸に」

Hk1_2 氷菓 第十三話「夕べには骸に」です。

アニメ版『氷菓』も、先週から『クドリャフカの順番』に入りました。原作ですと3冊目ですね。『クドリャフカの順番』も長編です。

大好きなシリーズ小説が原作なので、ちょっと応援記事を書いてみてみたりしています。そろそろ、次を書こうかなと思いつつも書けないなぁ。

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(第1話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その2)(第2話終了時点)

『氷菓』とミステリについて論じてみようかと(その3)(第4話終了時点)

ところで、〈古典部〉シリーズだけでなく、作者の米澤穂信さんが今の日本のミステリ作家の中で一番のお気に入りだということもありますので、当然原作感想などもありますよ。

原作の感想はこの辺り
えるちゃんイラストはこの辺り

さて、先週から始まった『クドリャフカの順番』編ですが、すでに事件は色々と始まっているのですが、視聴者にははっきりとわからない感じにはなっていました。本編は、今週からでしょうか。

ということで、氷菓 第13話「夕べには骸に」感想行きます。

続きを読む »

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間