管理人

  • 藍麦
    「最近すっかりアニメブログと化してます」
フォトアルバム

カウンター

訪問者

ブログ内検索

アニメ[さ]◆翠星のガルガンティア Feed

2013年6月30日 (日)

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

Ggd01 翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説です。

さて、『翠星のガルガンティア』も第13話、いよいよ最終回です。

今までの、虚淵脚本だと、どんでん返しとか、意外な着地点とか、バッドエンドとか色々言われていました。ただ、今回は白虚淵だと宣言していたので、どのように着地してくれるのか、非常に楽しみです。

さて第12話では、クーゲル中佐が実は既に死んでいて、ストライカーが人類銀河同盟の意志に従ってこうどうしていたということが分かりました。

今週は、それぞれの行動原理に従って動いている人間たちが、どうこの自体を納めていくのかがポイントになるのでしょうか。いや、やはり、レドが人類銀河同盟の意志とどう決着を付けるのかがポイントなんでしょうね。

ということで、翠星のガルガンティア 第13話、最終回「翠の星の伝説」感想行きます。

続きを読む »

2013年6月23日 (日)

翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」

Ggd01 翠星のガルガンティア 第12話「決断のときです。

今週は、都議会選挙があるからでしょうか。Tokyo MXの放映は20時からでした。というか、たまたまチャンネルを合わせなかったなら、見忘れていたような気がします。危ない危ない。

さて第11話では、レドがクーゲル中佐の考え、そして彼がやろうとしていることを知り、新たな悩みを抱くというような展開でした。ただ、クーゲル中佐の考え自体は、以前の人類銀河同盟のときから変わってはいないと思います。

今週は、恐らくはレドがクーゲル中佐に従うかどうかの決断を迫られ、そしてレドが採る行動によって、ガルガンディアがどうなるかというところがポイントになるのではないでしょうか。

あと、ピニオンとか色々の方向を向いている人間がいますが、残り話数からすると、恐らくは、2極化するんでしょうね。

ということで、翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」感想行きます。

続きを読む »

2013年6月17日 (月)

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

Ggd02 翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王です。

今週は、ぼーっとネットラジオ聴いていて遅くなりました。

さて第10話では、レドが悩み続け、何か解がでそうなところで、意外な人物が登場しました。どういう流れで登場したのかは、今週なんでしょうか?

今週は、恐らくはクーゲルとレドの再会なんでしょう。けれど、先週の様子からすると、人間的に丸くなったレドとは違い、クーゲルは以前のままのようなので、そこに軋轢が生まれそうな気がしますが、どうなんでしょうか。

レドは、クーゲルを上官として信頼していたようですが、それがどう変わるのか、変わらないのかがポイントになるのでしょうか。

ということで、翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」感想行きます。

続きを読む »

2013年6月10日 (月)

翠星のガルガンティア 第10話「野望の島」

Gg01 翠星のガルガンティア 第10話「野望の島」です。

今週は、東京女子流ちゃんの記事を書いていて、感想がおそくなりました。(苦笑)

さて第9話では、意外な事実が判明して、やっぱり黒虚淵じゃんと、ガルガンディア界隈では話題になっていました。

というか、ヒディアーズが進化系か、退化系だろうというのは、皆さん想定していた雰囲気だったのですが(自分もそうですが)、まさかそういうことだったとは思わなかったみたいですね(自分もそうですが)。

今週は、恐らくはレドの苦悩が描かれることになるんでしょうけれど、彼のアイデンティティがどこにあるのかということが、議論になるんでしょうか?当初は、戦いの中にあったのでしょうが、ガルガンディアに来てからのことが、彼にどう影響しているかがポイントかな?

ということで、翠星のガルガンティア 第10話「野望の島」感想行きます。

続きを読む »

2013年6月 2日 (日)

翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」

Gg02 翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」です。

今週は、娘さんの試験に付き合って早く異動したので、録画でなくそのまま放映を見ることができました。ラッキーでした。大変な展開になってますねぇ。

さて第8話では、ガルガンディア船団がレドの力を頼りに分断されてしまいました。そして、レドは、ヒディアーズを倒す戦いを求めて、エイミーと分かれることになりました。

今週は、レドとヒディアーズとの戦いになったわけですが、ヒディアーズは、宇宙に存在するそれとは、明らかに違いますよね。それでいて、生物学的には同じものだと。ということは、その辺りの謎の解明がポイントになるとおもうのですが。

自分の今まで予想では、ガルガンディアが、レドたちの過去か未来だと思っているんですが、ひとまず過去である可能性の方が高いかなと。そうすると、レドが登場することでくじらいかがヒディアーズに進化してしまったんではないかと考えています。

ということで、翠星のガルガンティア 第9話「深海の秘密」感想行きます。

続きを読む »

2013年5月27日 (月)

翠星のガルガンティア 第8話「離別」

Sg01 翠星のガルガンティア 第8話「離別」です。

いつもは日曜日に見ているんですが、今週も録画だけして見るのが遅れました。おかげで感想もかなり遅れ気味に。

さて第7話からヒディアーズと思われる生物が登場して急展開ですね。レドが語るヒディアーズとしては、どうも知的生命体っぽくないのが気になったりしますが。

さて、今週第8話では、ガルガンディア船団が分断されて、レドはヒディアーズとの戦いを求めてガルガンディアを去ることになるのでしょうか。そして、エイミーは、どうするんでしょう。レドと行動を共にする?でも、タイトルがガルガンディアだからなぁ

ということで、翠星のガルガンティア 第8話「離別」感想行きます。

続きを読む »

2013年5月20日 (月)

翠星のガルガンティア 第7話「兵士のさだめ」

Sg01 翠星のガルガンティア 第7話「兵士のさだめ」です。

いつもは日曜日に見ているんですが、今週は録画だけして見るのが遅れました。おかげで感想も遅れ気味に。

さて第6話も、途中までは日常回という感じでした。レドがだんだんとガルガンディア船団に居場所を見つけていく様子を描いたという感じでしょうか。

そして終盤に、サプライズが待っていたんですが、ヒディアーズと思われる生物が登場したからですね。

そしてこの第7話からいよいよ戦闘に向かっていくという感じでしょうか。ヒディアーズがどういう存在なのかが明確でないので、そこがポイントになりそうな気がしますが。

ということで、翠星のガルガンティア 第7話「兵士のさだめ」感想行きます。

続きを読む »

2013年5月13日 (月)

翠星のガルガンティア 第6話「謝肉祭」

Sg02 翠星のガルガンティア 第6話「謝肉祭」です。

うちのブログでは、結構アクセス多いんですが、「超電磁砲」が飛び抜けているんで、ちょっと目立たないかも。

さて第5話も、日常回という感じでした。先々週に引き続いて、レドがだんだんとガルガンディア船団に慣れていく様子を描いたという感じでしょうか。

まぁ、水議回だったとも言えますが。(苦笑)

そしてこの第6話も、日常回ですが、そろそろこれだけ日常回が続くと、何か変化が現れそうな感じもしますがどうでしょうか。今回あたり?

ただ、今回は、先週の感想で描かれるかもしれないと書いたレドへの仕事の配分から話が始まるようです。

ということで、翠星のガルガンティア 第6話「謝肉祭」感想行きます。

続きを読む »

2013年5月 6日 (月)

翠星のガルガンティア 第5話「凪の日」

Gg01 翠星のガルガンティア 第5話「凪の日」です。

すみません、女子流3rdツアーでアクセスしてくださる方、GWは家族サービスで、東京以外の情報はありませんので。次の記事は、追加公演の予定です。

さて第4話は、日常回という感じで、レドがだんだんとガルガンディア船団に慣れていく様子を描いている感じでしょうか。

この第5話も、日常回ですが、メインは、レドがどうガルガンディア船団に住む人間としての生き方を学んでいくかというところに焦点があてられたというかんじでしょうか。そういう意味では、今後への重要な助走なんでしょうね。

そういう意味では、その後、レドはどういう方向に生きて行こうとするのかという辺りが、今後このアニメのテーマになるんでしょうね。

ということで、翠星のガルガンティア 第5話「凪の日」感想行きます。

続きを読む »

2013年4月29日 (月)

翠星のガルガンティア 第4話「追憶の笛」

Sg01 翠星のガルガンティア 第4話「追憶の笛」です。

すみません、女子流3rdツアーでアクセスしてくださる方、名古屋は元々不参加、難波は諸事情により不参加で、東京以外の情報はありませんので。

それはさておき、前評判も高かった『翠星のガルガンティア』ですが、うちのブログのアクセス数では、「超電磁砲」と競っていますが、ちょっと負けてるかな。

さて第3話は、結構転調というかサプライズエピソードが組まれる回なので警戒していました。けれど、まぁイベント的には多きそうなものがありましたが、実際にはさほど重要ではないのではないかという気がしました。

そういう意味では、実はこの第4話の方が3話よりも重要なんではないかという気がしています。油断させておいてっていう奴ですね。

とりあえず、海賊との争いが終わって、その後、レドはどういう方向に生きて行こうとするのかって辺りがテーマになるんでしょうね。

ということで、翠星のガルガンティア 第4話「追憶の笛」感想行きます。

続きを読む »

アクセスランキング

カテゴリ

ランキング

  • ブログパーツ

ブログ解析

滞在時間